NEW

JRA藤田菜七子「G1騎乗再び」情報。高松宮記念で「あの馬」に騎乗?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA藤田菜七子「G1騎乗再び」情報。高松宮記念で「あの馬」に騎乗?の画像1

 3月24日に開催される高松宮記念(G1)。春のG1シーズンの開幕戦となるこの電撃戦に、藤田菜七子騎手がスノードラゴン(牡11歳、美浦・高木登厩舎)で参戦するとのウワサがネット上で広がっている。

 12日の午前中、サラブレッド・ビジネスに携わっている『株式会社レックス』の関係者を自称するTwitterアカウントが、『スノードラゴン、24日の高松宮記念には藤田菜七子騎手で臨む予定となりました』とツイート。さらに結果次第とはしつつも、ここがラストランであり、今後は種牡馬入りさせるプランもあると綴っていた。

 このツイートは多くのファンの注目を集めたものの、ほとんどのファンは半信半疑。このままネット上のウワサ話のひとつとして消えるかと思われていた。ところが、「日刊ゲンダイ」競馬公式Twitterがこのツイートをリツイートしつつ『藤田菜七子騎手、2度目のG1騎乗ですか。』と一言。これで風向きが変わり、先のツイートががぜん真実味を帯び始めていた。

「まさかの展開ですね。まだウワサレベルですが、本当に菜七子騎手がスノードラゴンに騎乗するとなれば、高松宮記念が盛り上がることは間違いないでしょう。ぜひ、実現してもらいたいですね。

 スノードラゴンは長きに渡ってスプリント戦線で活躍。14年の不良馬場で行われた高松宮記念では2着、同年小雨の中で開催されたスプリンターズSでも13番人気ながら勝利し、波乱の立役者となりました。

 近年はJRA重賞での二桁着が続いていますが、過去にはパワーの必要な馬場で好走が目立ちます。天気が荒れてくれれば、取捨が難しい存在になるでしょうね」(競馬誌ライター)

 正式発表ではないが、非常に夢のある話なのは間違いない。菜々子騎手、2度目のG1競走は高松宮記念になるのだろうか? 今後の展開を待ちたい。

JRA藤田菜七子「G1騎乗再び」情報。高松宮記念で「あの馬」に騎乗?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!