NEW

JRA戸崎圭太「3000m成績」にシャケトラ絶望!? 「距離は心配してない」陣営が未だ納得できない”トラウマ”のレースとは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA戸崎圭太「3000m成績」にシャケトラ絶望!? 「距離は心配してない」陣営が未だ納得できないトラウマのレースとはの画像1

 今年は伝統のG2としては、やや寂しいメンバーとなった阪神大賞典(G2)。

 だが、前走の劇的な復活勝利から、悲願のG1制覇を目指すシャケトラ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)にとっては、ちょうどいい試金石になりそうだ。

 約1年の休養から、いきなりの復活勝利を果たした前走のAJCC(G2)は、かつて「サトノダイヤモンドのライバル」といわれた大器の底力を存分に見せつける内容だった。

 好位から最後の直線で力強く抜け出すと、昨年の菊花賞馬フィエールマンの追撃をアタマ差しのいでの勝利。一昨年の有馬記念(G1)以来の競馬とは思えない、いや、むしろ一時のスランプを脱したとさえ思わせる走りだった。

 それだけに周囲の関係者も、シャケトラに対する自信を再び取り戻したようだ。

「AJCCの直前は、さすがに1年ぶりにレースとあってトーンも低かった陣営ですが、それでフィエールマンに勝ったことで大きな自信になったようです。

陣営も今回の阪神大賞典に関しては『上積みしかない』と自信を深めていますし、3000mの距離に関しても『心配していません』と、あくまで強気。今回はメンツも手薄ですし『メンバー的にもいい結果を』と、連勝を目論んでいるようですね」(競馬記者)

 気になる3000m以上の距離は、一昨年の天皇賞・春(G1)以来。それも6戦4勝2着1回3着1回で日経賞(G2)を勝ち「大注目の上がり馬」として迎えた一戦だったが、結果は3番人気に支持されたものの9着に惨敗している。

 だが前出の記者が言うには、あれは”曰くつき”の一戦だったという。

JRA戸崎圭太「3000m成績」にシャケトラ絶望!? 「距離は心配してない」陣営が未だ納得できない”トラウマ”のレースとはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!