NEW

JRA「G1ダノン4連勝」可能性!? 「ダノックス」の正体と有力馬それぞれの「低くない障壁」

【この記事のキーワード】

, , , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「G1ダノン4連勝」可能性!? 「ダノックス」の正体と有力馬それぞれの「低くない障壁」の画像1

 2019年の競馬も、来週からいよいよ春のG1シーズンに入る。競馬ファンからすれば待ちに待った時期といえるが、すでに今年春の「主役」は決まっている?

 来週開催の高松宮記念(G1)は春のスプリント王決定戦。前走オーシャンSを圧勝したモズスーパーフレアも気になるが、やはり主役はダノンスマッシュ(牡4 栗東・安田隆行厩舎)だろう。前走シルクロードSでは、最後の直線で前が壁になる不利を受けながらも、外に持ち出してからは別次元の手応えで圧勝。能力としては抜きん出たものがある。世界のスプリント王だった父ロードカナロアの「正統後継者」としての期待もかかる。

 翌週の大阪杯(G1)は空前の好メンバーになることが予想されるが、順調に行けば、先週の金鯱賞を完勝したダノンプレミアム(牡4 栗東・中内田充正厩舎)が断然の人気を集めそうだ。抜群のスタートから道中3番手、直線では早々に先頭に立ってセーフティリードを築き、そのままゴールに飛び込んだ。G1ホース5頭が出走したハイレベルレースだったが、力の違いを見せつけている。中内田調教師は次走に関し明言は避けているが、出走すればまたあの豪脚を見せるかもしれない。

JRA「G1ダノン4連勝」可能性!? 「ダノックス」の正体と有力馬それぞれの「低くない障壁」の画像2

 その翌週の桜花賞(G1)でも、チューリップ賞を圧勝した2歳女王ダノンファンタジー(牝3 栗東・中内田充正厩舎)が当然の最有力、さらに次週の皐月賞(G1)でも、「超」がつく出世レースである共同通信杯で2歳王者アドマイヤマーズを下したダノンキングリー(牡3 美浦・萩原清厩舎)を無視することはできない。

JRA「G1ダノン4連勝」可能性!? 「ダノックス」の正体と有力馬それぞれの「低くない障壁」のページです。GJは、競馬、, , , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!