NEW

JRAスプリングS(G2)は「3頭で穴馬券」狙い! 強力「現場ネタ」が導く「オイシイ伏兵」!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むのは、17日(日)に開催される皐月賞トライアル「スプリングS(G2)」。関係者より仕入れた「極秘ネタ」が導く「オイシイ勝負馬」3頭で挑みたいと思う。

JRAスプリングS(G2)は「3頭で穴馬券」狙い! 強力「現場ネタ」が導く「オイシイ伏兵」!!の画像1

 本命「◎」に選んだのは、きさらぎ賞(G3)2着のタガノディアマンテ(牡3、栗東・鮫島一歩厩舎)だ。

 勝利こそあげていないが、実戦を重ねるごとに成長を遂げている印象の本馬。前走のきさらぎ賞では、出遅れて最後方からの競馬になったが強烈な末脚を発揮して2着を確保した。

 同レースで降したメイショウテンゲンが、先日の弥生賞を勝利しているようにレベルの高い一戦だったと捉えてもいいだろう。武蔵野S(G3)覇者タガノトネールなどを兄に持つ良血馬が、虎視眈々と重賞タイトルを狙っている。

「荒削りな面を見せていたけど徐々に解消されてきたね。前走は馬場を苦にせず最速の上がりで2着を確保。『重賞でも戦える見通しは立った』と陣営のトーンは高いよ。

兄とはタイプが違うけど、能力の高さは確実に引き継いでいる。その点も大きな魅力だ。調整も順調で不安は感じない。『賞金を加算してダービーまで確定させたい』と陣営の勝負気配は相当高いよ」(競馬関係者)

「○」には共同通信杯(G3)5着馬ゲバラ(牡3、美浦 ・伊藤大士厩舎)をあげたい。

JRAスプリングS(G2)は「3頭で穴馬券」狙い! 強力「現場ネタ」が導く「オイシイ伏兵」!!の画像2

 デビュー戦は後方待機から鋭く伸びて快勝。粗削りな走りながら、あっさりと差し切るあたりは大物の片鱗が感じられた。

 続く共同通信杯は5着に敗れたが「直線の反応はすごくよかった」と鞍上を務めた大野拓弥騎手の評価は上々。陣営も「鋭い脚を使えた。重賞でやれる能力は持っている」と手応えを掴んだようだ。

JRAスプリングS(G2)は「3頭で穴馬券」狙い! 強力「現場ネタ」が導く「オイシイ伏兵」!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!