NEW

JRA若葉Sヴェロックス「全体的に素晴らしい」評価で皐月賞へ!! 3馬身差圧勝で「打倒サートゥルナーリア」筆頭に

【この記事のキーワード】, , ,
JRA若葉Sヴェロックス「全体的に素晴らしい」評価で皐月賞へ!! 3馬身差圧勝で「打倒サートゥルナーリア」筆頭にの画像1

 16日に阪神競馬場で行われた若葉S(OP)は、1番人気のヴェロックス(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)が優勝。最後の直線で鮮やかに抜け出すと、2着ワールドプレミアに3馬身差。単勝1.5倍という圧倒的な支持に応え、皐月賞切符を手にした。

「無事に(課題を)クリアできて良かった。すごくいい雰囲気で、いい勝ちっぷり。本番につながる内容でした」

 今年のクラシックの主役は、やはり「この男」なのか。牝馬クラシックの大本命ダノンファンタジーの主戦を務める川田将雅騎手が、「超大物」と評判の素質馬をしっかりとクラシック路線に乗せた。

 10頭立ての芝2000mで行われたレース。まずまずのスタートを切ったヴェロックスは、ペースが上がらない序盤で難なく好位へ。3番手でしっかりと折り合うと、ジャスパージャックが引っ張る流れは1000m通過が62.2秒の超スローペース。折り合い重視で後方からの競馬となった2番人気ワールドプレミアには厳しい流れとなった。

 逃げていたジャスパージャックが後退し、替わって2番手からシフルマンが先頭に立って最後の直線へ。内でシフルマンが懸命に粘り込みを図るが、それを楽な手応えでヴェロックスが交わすと、あとはワンマンショー。後方から追い上げたワールドプレミアも良い脚を使ったが、2着に上がるのがやっとという結果だった。

JRA若葉Sヴェロックス「全体的に素晴らしい」評価で皐月賞へ!! 3馬身差圧勝で「打倒サートゥルナーリア」筆頭にのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【オークス(G1)展望】桜花賞馬を“捨てた”川田将雅の決断…大混戦「樫の女王決定戦」は新星アートハウスVS桜花賞組!
  2. JRA日本ダービー(G1)「重賞勝ち」でも除外……ボーダーは史上最高レベルか。C.ルメール絶賛の「大器」が出走危機、安藤勝己氏の推奨馬は出走絶望に
  3. JRAヴィクトリアマイル(G1)はソダシ、デアリングタクト、レイパパレをまとめてバッサリ! 3強が持つ弱点とは
  4. JRAレイパパレ川田将雅「切望」問答無用の1着固定! デアリングタクト、ソダシ、レシステンシア「まとめて消し」で万馬券狙い【ヴィクトリアマイル(G1)予想】
  5. JRA【ヴィクトリアマイル(G1)予想】デアリングタクト、ソングライン、レシステンシアはまとめて切り! 混戦模様だから拾える「人気薄の実力馬」から高配当を狙う
  6. JRA C.ルメール「騎乗停止」疑惑に冷や汗……日本ダービー(G1)イクイノックス騎乗消滅の危機回避も、一部ファンからは「忖度」の声
  7. 「驚くくらい活躍する」元JRA細江純子氏の予言が現実に…藤田菜七子“待望の2勝目”も霞む、女性騎手の「エース候補」が“神騎乗”連発!
  8. JRA「ウマ娘」藤田晋オーナーの快進撃に急ブレーキ!? 新人オーナーに降りかかった競馬の“洗礼”…日本ダービー(G1)参戦を見据える使い分けが招いた「2つの悲劇」とは
  9. JRAヴィクトリアマイル(G1)の法則で「10番人気以下」の激走必至!? ソダシ、デアリングタクト、レイパパレら「大物食い」が期待できる伏兵2頭とは
  10. JRAシャフリヤール、タイトルホルダーら挑戦も凱旋門賞「不要論」再燃……年々広がる武豊らホースマンの悲願と、ファン心理との「乖離」とは