NEW

【高松宮記念(G1)展望】武豊モズスーパーフレアVS龍王2世ダノンスマッシュ! 藤田菜七子「復活」スノードラゴンにも注目!!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA【高松宮記念(G1)展望】武豊モズスーパーフレアVS龍王2世ダノンスマッシュ! 藤田菜七子「復活」スノードラゴンにも注目!!の画像1
ダノンスマッシュ JBISサーチより


 いよいよ春のG1競馬がスタート! 24日、中京競馬場で高松宮記念(G1、芝1200メートル)が開催される。レースを展望しよう。

 昨年の春秋スプリントG1統一王者ファインニードルが引退したため、今年は新たなスプリント王が誕生しそうだ。その1番手がダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)。2歳時から高く評価されていたがマイル戦では結果を出せなかった。

 陣営は距離短縮を決断。夏の函館日刊スポーツ杯(1600万下、芝1200メートル)優勝から進撃開始。キーンランドC(G3、1200メートル)2着、京阪杯(G3、芝1200メートル)優勝、シルクロードS(G3、芝1200メートル)優勝。スプリント適正が開花。先行しながら鋭い末脚を発揮した。重賞2連勝でG1初制覇に挑む。

 安田隆行調教師は同馬の父ロードカナロアを手がけ、国内外でG1レース6勝を上げた。3~4歳時に京阪杯とシルクロードSを連勝して高松宮記念というローテは父と同じ。父は高松宮記念で1番人気に支持されたものの3着に敗れ、G1初制覇は秋のスプリンターズS(G1、芝1200メートル)だった。父よりも一足早いG1獲りを狙う。

 騎乗予定の北村友一騎手も勝てばJRA・G1初制覇。今年はすでにシンザン記念(G3)、シルクロードS、クイーンC(G3)で重賞勝ち。安田師はシルクロードS後「ジョッキーには初めてのJRA・G1勝ちをプレゼントしたい」と語り全幅の信頼を置く。

【高松宮記念(G1)展望】武豊モズスーパーフレアVS龍王2世ダノンスマッシュ! 藤田菜七子「復活」スノードラゴンにも注目!!のページです。GJは、競馬、JRAダノンスマッシュモズスーパーフレア武豊高松宮記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!