NEW

高松宮記念(G1)武豊モズスーパーフレア「勝算」は北村友一の失態!? 逃げ馬「圧倒的不利」も意識し過ぎは逆効果?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高松宮記念(G1)武豊モズスーパーフレア「勝算」は北村友一の失態!? 逃げ馬「圧倒的不利」も意識し過ぎは逆効果?の画像1


 24日に中京競馬場で開催されるスプリント王決定戦・高松宮記念(G1)から、春のG1戦線がいよいよ幕を開ける。

 昨年の覇者であり、最優秀短距離馬にも選出されたファインニードルが引退し、再び群雄割拠となったスプリント戦線。だが、モズスーパーフレア(牝4歳、栗東・音無秀孝厩舎)の圧倒的なスピードは「新王者」の誕生を予感させるには十分だ。

「超速かった!」

 前走のオーシャンS(G3)は百戦錬磨のC.ルメール騎手が興奮するほど、圧倒的なスピードを見せつけた。

 好スタートからあっさりハナを切ると、突っかかってくる馬もおらず、難なくマイペースの逃げ。それもそのはず。楽なペースかと思いきや、前半600mは驚愕の32.3秒。過去10年の中山1200m最速であり、無理につき合えば潰れるのが関の山だろう。

 しかし、この"暴走"で止まらないのがモズスーパーフレアが「G1級」たる所以だ。

 あれだけのペースでも、ルメール騎手曰く「息が入った」とのこと。結局、2番手から懸命に追い掛けたナックビーナスをまったく寄せ付けずに逃げ切り。勝ち時計1:07.1は従来を0.4秒も更新するオーシャンSのレースレコードだ。

 この事実から本番の高松宮記念の主導権もモズスーパーフレアが握るに違いない。だが、問題は「タフな中京のスプリント戦」を逃げ切れるのかという点だ。

高松宮記念(G1)武豊モズスーパーフレア「勝算」は北村友一の失態!? 逃げ馬「圧倒的不利」も意識し過ぎは逆効果?のページです。GJは、競馬、モズスーパーフレア武豊高松宮記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!