NEW

JRA大阪杯「回避」ダノンプレミアム登録もなし。「蹄の状況」「川田将雅の事情」など諸々か

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA大阪杯「回避」ダノンプレミアム登録もなし。「蹄の状況」「川田将雅の事情」など諸々かの画像1

 31日(日)に阪神競馬場で行われる大阪杯(G1・芝2000メートル)の登録馬が発表された。

 今年は昨年の有馬記念覇者ブラストワンピース、ダービー馬ワグネリアン、皐月賞馬エポカドーロ、マイルCS王者ステルヴィオなど、強いと評判の"明け4歳勢"が集結。ペルシアンナイト、キセキ、アルアイン、マカヒキら、実績馬たちと雌雄を決することになる。

 G1馬が8頭出走を予定し、レベルの高いレースになると早くから注目を集めているこの一戦。だが、そこに金鯱賞(G2)を勝利したダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)の名前がないと話題になっている。

 昨年の日本ダービー(G1)以来、約9カ月ぶりのレースとなった前走の金鯱賞。ダノンプレミアムは絶好のスタートから3番手につける。そして迎えた最後の直線で、川田将雅騎手の激に応えるように力強く先頭に立つと、そのままセーフティーリードを築きあげて完勝。G1ホース5頭が出走した1戦で、力の違いを見せつけるかのようなレースを繰り広げていた。

「金鯱賞を勝ち、大阪杯の優先出走権もゲット。そのまま、春の大一番に向かうのかと思われていましたが、川田騎手は次走について『次のレースをまた無事に迎えられたらいいと思います』と具体的な発言を避け、陣営も次走について明言はありませんでした。回避のウワサもありましたが、まさか登録していないとは......。

 昨年のダービー後、ダノンプレミアムは天皇賞・秋(G1)挑戦を表明したものの、後に『調整不足』のため出走を断念。最終的に下半期は走ることなくシーズンを終えました。これほどの大器ですが、蹄に不安も抱えているといいます。出走に関してシビアになるのも当然かもしれません」(競馬誌ライター)

JRA大阪杯「回避」ダノンプレミアム登録もなし。「蹄の状況」「川田将雅の事情」など諸々かのページです。GJは、競馬、ダノンプレミアム大阪杯川田将雅の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!