NEW

高松宮記念(G1)ダノンスマッシュ「父ロードカナロア超え」へ自己ベスト更新! 北村友一騎手、待望の「G1初制覇」へ春の豪華ラインナップ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
高松宮記念(G1)ダノンスマッシュ「父ロードカナロア超え」へ自己ベスト更新! 北村友一騎手、待望の「G1初制覇」へ春の豪華ラインナップの画像1
ダノンスマッシュ JBISサーチより


 ここで決めたい――。

 24日に中京競馬場で開催される高松宮記念(G1)。昨年の最優秀短距離馬ファインニードルが引退し「新スプリント王」を決める一戦となるが、混戦の中『netkeiba.com』の事前予想が1番人気に挙げたのが重賞連勝中のダノンスマッシュ(牡4歳、栗東・安田隆行厩舎)だ。

「龍王」の異名を誇るアジア最速スプリンターとして恐れられた、偉大な父ロードカナロアの歩みを超えられるか。ここまで京阪杯(G3)、シルクロードS(G3)を連勝中のダノンスマッシュだが、父もまた同じ重賞レースを連勝し、4歳春の高松宮記念に駒を進めている。

 しかし、ロードカナロアは単勝2.4倍の1番人気に支持されたものの3着。5連勝と破竹の勢いで挑んだが、G1の壁に跳ね返された。

「ダノンスマッシュと同じく、父ロードカナロアを管理していたのも安田隆行厩舎ですから、このローテは意図的なもの。父は敗れてしまいましたが、安田調教師は『このローテーションは、ゆとりがあっていい』と自信を深めている様子。"龍王2世"として、陣営としては力の入るところでしょうね」(競馬記者)

 ダノンスマッシュは14日に栗東の坂路で1週前追い切りを行ない4ハロン49.7秒、ラスト12.5秒と破格の時計をマーク。最後はさすがに失速したが、併せ馬をぶっちぎって自己ベストを更新するなど充実の時を迎えている。偉大な父に続くスプリント界制圧へ、態勢は整ったと述べていいだろう。

 そうなるとG1初制覇を目指す、主戦の北村友一騎手が大きなポイントになりそうだ。

高松宮記念(G1)ダノンスマッシュ「父ロードカナロア超え」へ自己ベスト更新! 北村友一騎手、待望の「G1初制覇」へ春の豪華ラインナップのページです。GJは、競馬、ダノンスマッシュ北村友一高松宮記念の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!