NEW

【毎日杯(G3)展望】実績上位ヴァンドギャルドが主役!? マカヒキ弟登場など「ここも混戦」クラシック前哨戦!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【毎日杯(G3)展望】実績上位ヴァンドギャルドが主役!? マカヒキ弟登場など「ここも混戦」クラシック前哨戦!の画像1

 23日、阪神競馬場で皐月賞最終便とも言われる毎日杯(G3、芝1800メートル)が行われる。レースを展望しよう。

 一昨年の勝ち馬アルアインは皐月賞馬に輝き、昨年の勝ち馬ブラストワンピースは有馬記念馬になったように、皐月賞馬や後のG1馬を輩出してきた。将来性豊かな馬を探したいレース。また、弥生賞(G2、芝2000メートル)は8番人気のメイショウテンゲンが優勝、スプリングS(G2、芝1800メートル)は10番人気のエメラルファイトが優勝と、今年の皐月賞前哨戦は波乱傾向にある。ここも伏兵の台頭に警戒したい。

 昨年11月、レベルの高かった東スポ杯2歳S(G3、芝1800メートル)でヴァンドギャルド(牡3歳、栗東・藤原英昭厩舎)は勝ったニシノデイジーからハナ+アタマ差の3着だった。将来は明るく見えたが、ホープフルS(G1、芝2000メートル)では6着に敗れてしまう。ただし、他馬に2度ぶつけられる不利があった。

 必勝を期して臨んだ前走のきさらぎ賞(G3、1800メートル)では1番人気に支持されながら4着。直線で追われ始めた瞬間は勝ったダノンチェイサーとの一騎打ちになるかとも見えたが、まったく伸びなかった。しかし、良馬場発表ではあっても雨中でのレース。タイムも上がりもかかった。すべる馬場に切れ味を削がれたとも言える。

 消化不良のレースが続いているが素質が高いのは明らか。追い切りでははつらつと走る。阪神競馬場が高速馬場に回復していれば優勝候補だ。ここでも凡走してしまう可能性はあるが、見限らずに秋以降の成長を期待したい。

 シンザン記念(G3、芝1600メートル)で2着だったのがマイネルフラップ(牡3歳、栗東・梅田智之厩舎)。後方からよく追い込み、先に抜け出していたヴァルディゼールにはクビ差届かなかったが、上がり3F最速の末脚は目立った。阪神の外回り1800メートルだけに差し合戦になれば狙いたい存在。

 ランスオブプラーナ(牡3歳、栗東・本田優厩舎)はきさらぎ賞で逃げて3着に粘った後、この毎日杯と同舞台のアルメリア賞(500万下)を逃げ切った。【2・2・1・0】と成績は安定している。父はガリレオ産駒のケープブランコだけに、2週連続の雨の影響でタフな馬場が継続している方がいいだろう。

【毎日杯(G3)展望】実績上位ヴァンドギャルドが主役!? マカヒキ弟登場など「ここも混戦」クラシック前哨戦!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!