NEW

JRA「マイル王路線」ダノンプレミアム「謎ローテ」発表。川田将雅への「こだわり」で春G1戦線激変?

【この記事のキーワード】, ,
JRA「マイル王路線」ダノンプレミアム「謎ローテ」発表。川田将雅への「こだわり」で春G1戦線激変?の画像1

 31日の大阪杯(G1)に登録がなかったことで話題になったダノンプレミアム(牡4 栗東・中内田充正厩舎)だが、次走に4月21日のマイラーズC(G2)、その後6月の安田記念(G1)に向かうことがわかった。

 復帰戦となった金鯱賞(G2)を圧勝し「ハイレベル大阪杯の人気筆頭」ともいわれたダノンプレミアムだが、大一番には出走せず。春は「マイル王」を目指すローテーションを組むこととなったが、ファンからは戸惑いの声も多く散見される。

「2000m戦の金鯱賞を勝利したことで、同距離の大阪杯に臨むのが濃厚といわれていましたが、意外なローテーションでしたね。

理由としては、これまで全レースで手綱をとってきた川田将雅騎手が大阪杯で昨年のジャパンC2着馬キセキに騎乗すること、また、蹄の状態から『中2週』の大阪杯を嫌った、ということもあると思います。

特に川田騎手は中内田厩舎、そしてオーナー『ダノックス』の馬と相性が抜群。ダノンファンタジーやダノンチェイサーでも今年重賞を制するなど”黄金トリオ”として定着しています。その辺の事情も大きかったのではないでしょうか」(競馬誌記者)

 昨年、2歳戦線で牝馬グランアレグリアが「C.ルメール騎手に乗って欲しいから」と、香港遠征と開催が被る阪神JFではなく朝日杯FSに出走したことで話題になったが、現在リーディングである川田騎手もまた、陣営が「こだわる」ほどの立場になったということかもしれない。

 大本命と目されたダノンプレミアムの回避により、さらに群雄割拠の様相を呈してきた大阪杯。また、マイル路線からすれば「勘弁してよ」といったところだろうか。

JRA「マイル王路線」ダノンプレミアム「謎ローテ」発表。川田将雅への「こだわり」で春G1戦線激変?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」後輩騎手の“奇策”に苦言!? 武豊、事実上「降板」の可能性も……「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だった?【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  2. JRA福永祐一&川田将雅、有馬記念も不参戦!? 朝日杯FS(G1)騎手変更も、さらに高まるリスク…
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRAチャンピオンズC(G1)コントレイルの矢作芳人厩舎に「大番狂わせ」の期待、波乱の立役者のキーワードは「○○は○○でも」
  5. JRA 川田将雅「どんな状況でも行きます」ラウズオンリーユー愛に偽りなし、関係者公認カップルの逃避行を後押しした決め手
  6. JRA【有馬記念(G1)想定】女王クロノジェネシスVS皐月賞馬エフフォーリア&菊花賞馬タイトルホルダー! 新女王アカイイト、実力派ステラヴェローチェ、ディープボンドなど【想定騎手入り】
  7. JRA「このままでは終われない」救世主は武豊か、それとも…名門厩舎がまさかの重賞“ゼロ”勝で緊急事態!? 現役最長16年連続記録へ黄色信号
  8. JRA「当分見納め」濃厚R.ムーア帰国の本音と建前、O.マーフィーも例の疑惑で数年無理?見えない大敵がネックとなる再来日
  9. JRA昨年はアーモンドアイが「土壇場」で大逆転! そろそろ気になるコントレイルの“忘れ物”の行方
  10. チャンピオンズC(G1)JRAの「手のひら返し」にソダシが大ピンチ、ダートは問題なしの「先入観」が命取りの決定打?