NEW

パチンコ新規則「最大5000発」が鬼ループ? 2018年「爆裂女王」の”DNA”を受け継ぐ衝撃マシンとなるか

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ新規則「最大5000発」が鬼ループ? 2018年「爆裂女王」のDNAを受け継ぐ衝撃マシンとなるかの画像1

 昨年下半期の「爆裂マシン」が復活? 最先端メーカーの新規則パチンコが話題だ。

2018年にリリースされたパチンコ新台の中でも、とりわけ注目を集めたのは『CR天龍∞』(マルホン工業)や『CR RAIZINMAN』(A-gon)といった一発台タイプだ。ホールの状況次第では、一撃万発は当たり前、場合によっは5万発も視野に入るほどの爆発力を発揮した。年々厳しさが増す出玉規制の限界を攻めた爆裂スペックといえる。

 その一方、ヘソでの大当りを目指すデジパチ系は「1種2種混合機」で対抗。その流れは2017年デビューの『CRF戦姫絶唱シンフォギア』(SANKYO)から始まり、2018年も同様のスペックが多数リリースされた。

 混合機は時短を利用した画期的システム。当時、確変継続率は65%以下と定められていたが、確変状態ではない時短を応用し高い連チャン率を実現した。2018年のパチンコは一発台と「混合機」で乗り切ったといっていいだろう。

 そんな混合機の中でも「史上最強」との呼び声高いマシンが昨年デビュー。それが、藤商事からリリースされた『CR緋弾のアリアAA』だ。

 継続率が変化する「バトルストックシステム」の最大継続率は約93%。平均継続率でも85%と混合機トップクラスの性能だ。

 さらに、大当り出玉はオール13R(約1151個)と安定して出玉を増やせる仕様となっており、「一撃7万発オーバー」を達成したプレイヤーもいるほど。2018年を代表する爆裂機といっても過言ではないが……。

パチンコ新規則「最大5000発」が鬼ループ? 2018年「爆裂女王」の”DNA”を受け継ぐ衝撃マシンとなるかのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事