NEW

JRAグランアレグリア「桜花賞→NHKマイルC」濃厚? 「ルメールファースト」コントラチェックとの兼ね合いも?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAグランアレグリア「桜花賞→NHKマイルC」濃厚? 「ルメールファースト」コントラチェックとの兼ね合いも?の画像1

 競馬界もいよいよクラシック戦線が近づいてきた。

 今年のクラシックは、牡馬に関しては「サートゥルナーリアの真の実力がどれほどか」が極めて重要だろう。有力馬としてはヴェロックス、ダノンキングリーなどもいるが、スケール感では一歩劣る。ポテンシャルという面ではサートゥルナーリアが抜けている、という評価の声は非常に多い。

 一方、今年の牝馬クラシックの層の厚さは特筆ものだろう。2歳女王で前哨戦のチューリップ賞を完勝したダノンファンタジーが最有力だろうが、同馬を新馬戦で千切り捨てたグランアレグリア、クイーンCを楽勝したクロノジェネシス、そして先週、フラワーCを余裕で逃げ切ったコントラチェックも急浮上。見どころが本当に多い。昨年はアーモンドアイの一強だったが、今年は激戦になりそうだ。

「先日のフラワーC、コントラチェックは中山で行われたフラワーCとしては歴代最速の1.47.4秒で勝利。鞍上の丸山元気騎手も『本当に乗っているだけでした。今までで一番楽な重賞勝ちでした』と絶賛していたようです。余裕の逃げ切りにノーザンファーム天栄の関係者も『先に繋がる勝ち方ではなかったけど、まぁ良し』と最低限の評価を丸山騎手に与えたようです。

ただ、丸山騎手は、先週まで騎乗停止だったC,ルメール騎手の『代打』。今後はルメール騎手に戻ることが濃厚なようです。また、コントラチェックはこのまま放牧に出されるようで、オークス直行という話が出ています」(競馬関係者)

 無尽蔵のスタミナ、そして圧巻のスピードを感じさせるコントラチェック。オークスの舞台でその力を存分に見せつけることもあるかもしれない。

 ただ一方「コントラチェックがルメールでオークス」となれば、一つ問題が生じる。もう1頭のお手馬であるグランアレグリアがオークスに出走した場合、見事に「被る」というわけだ。

JRAグランアレグリア「桜花賞→NHKマイルC」濃厚? 「ルメールファースト」コントラチェックとの兼ね合いも?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!