NEW

戸田ボートレースクラシック(総理杯)優勝戦&特別選抜戦を徹底考察&予想! 高配当レース続出の流れに乗れ!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
戸田ボートレースクラシック(総理杯)優勝戦&特別選抜戦を徹底考察&予想! 高配当レース続出の流れに乗れ!の画像1

 3月16日から始まった今年最初の競艇SG、戸田ボートレースクラシック(総理杯)が大詰めを迎える。21日最終日の特別選抜戦と優勝戦を予想する。

 ボートレースクラシックは前年のSGおよびG1レースの覇者が集結する見応えのあるレース。一方、一般戦の優勝回数上位者も参加してくるためSG初出場選手も多く、フレッシュな若手がどんな活躍を見せてくれるのかも楽しみだ。

 舞台は戸田。水面が狭いため1マークの回りシロも狭い。このためインが弱い水面として有名。戦前から波乱のレースが予測された。果たして予選では高配当レースが続出、15万円台の舟券も飛び出した。準優勝戦10Rも5万円近い配当だった。では、特別選抜戦から予想していこう。

【10R 特別選抜B戦】
1号艇 笠原 亮
(4019、39歳・静岡)
2号艇 菊地孝平
(3960、40歳・静岡)
3号艇 峰 竜太
(4320、33歳・佐賀)
4号艇 井口佳典
(4024、41歳・三重)
5号艇 毒島 誠
(4238、35歳・群馬)
6号艇 田村隆信
(4028、41歳・徳島)

 準優勝戦の敗者による特別選抜戦は選手のモチベーションは高くない。したがって、1号艇のイン逃げを素直に狙うのがセオリー。ただし、戸田だけに1号艇が消えることも想定しておきたい。

 初日連勝発進を決めた1号艇笠原は予選でも安定した走りを見せていた。2号艇菊地が壁になるので逃げられるはず。フォーメーションで1・245・245の6点。3号艇峰のエンジンが弱いので4号艇井口の握りが決まれば穴。4・15・125の4点。

【11R 特別選抜A戦】
1号艇 山田康二
(4500、31歳・佐賀)
2号艇 桐生順平
(4444、32歳・埼玉)
3号艇 山崎智也
(3622、45歳・群馬)
4号艇 平尾崇典
(3822、46歳・岡山)
5号艇 遠藤エミ
(4502、31歳・滋賀)
6号艇 山口 剛
(4205、36歳・広島)

 昨年G1初優勝を飾った1号艇山田は準優勝戦の1号艇をもぎ取った。準優勝戦で徳増の切り返しに屈したのは不運。ここではエンジン力を信頼する。2号艇、地元の桐生は準優勝戦で2マーク、絶妙のターンを披露。一度は2番手を走ったが、エンジンパワーで白井に逆転されてしまった。しかし、7年振りの地元SG開催。選抜戦とはいえ全力で走る。12・21・34の4点が勝負。穴は4号艇平尾の2着で1・4・23、2・4、13の4点。

戸田ボートレースクラシック(総理杯)優勝戦&特別選抜戦を徹底考察&予想! 高配当レース続出の流れに乗れ!のページです。GJは、競輪・競艇、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事