NEW

JRA「最強の1勝馬」エタリオウ「馬名の意味」と勝てない理由……デムーロと友道調教師の「見解」の違い

【この記事のキーワード】

, ,


 競馬では集中力の持続も大切だが、特に長丁場では息を入れることも重要だ。とはいえ直線で先頭に立ってから息を入れるとは、さすがM.デムーロ騎手。普通の騎手ではとてもできないことを簡単にやってのける。そして、フィエールマンに半馬身くらい先に出られた後、エタリオウは伸び返してハナ差まで詰め寄った。最後の叩き合いでは抜群の集中力を発揮したと言える。勝負弱い馬と見る必要はない。

 ところで”エタリオウ”という馬名の意味を知っているだろうか。「王の座を得た」という意味ではない。競馬評論家の井崎脩五郎氏は産経新聞の”おもしろ競馬学”で「(かつては)映画でもテレビでも、時代劇で『得たりおう』をよく耳にした。大辞林にも次のような解説が出ている。得たりおう(あるいは得たりやおう)=自分に都合よくことが運んだり、承知のうえで物事を受けとめるときに勇んで発する語」と書いていた。”おう”は”Oh!”だ。つまり”得たりOh!”で”やったぜ!””よっしゃ!”ということ。

JRA「最強の1勝馬」エタリオウ「馬名由来」と勝てない理由......デムーロと友道調教師の「見解」の違いの画像2

 この日経賞でエタリオウは自らの脚力で勝利をつかみ”得たりOh!”といななく必要がある。その瞬間、馬主のGリビエール・レーシングも”得たりOh!”と大喜びできる。Gリビエール・レーシングはクラブ法人ではない。里見治氏のサトミホースカンパニーのような法人馬主名義。馬主歴10年足らずの森岡幸人氏がオーナーだ。ジェネラーレウーノのオーナーでもあり、金子真人氏と同様”持ってる”オーナーとして覚えておいた方がいいかもしれない。

 最終追い切りは栗東・坂路で4F53秒4-1F12秒7。力強く動いていた。友道調教師は「最後まで気を抜かずにしっかり走れていた」とコメント。菊花賞から約5カ月、一段と成長した走りを見せてくれるだろう。

JRA「最強の1勝馬」エタリオウ「馬名の意味」と勝てない理由……デムーロと友道調教師の「見解」の違いのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!