NEW

武豊「良くなったわ」メイショウテッコンが日経賞(G2)で開花!? ライバル手薄でチャンスはある

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「良くなったわ」メイショウテッコンが日経賞(G2)で開花!? ライバル手薄でチャンスはあるの画像1

 23日に中山競馬場で日経賞(G2、芝2500メートル)が行われる。メイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)は同世代のライバル、エタリオウを倒して2つ目の重賞タイトルを獲得できるのだろうか。

 メイショウテッコンは昨秋の菊花賞(G1、芝3000メートル)で気分良く先行できず14着に敗退。今年は巻き返しを図るべく日経新春杯(G2、芝2400メートル)から始動したが、出遅れて後方からの競馬になってしまった。鞍上の武豊騎手は3角からまくって一気に先頭に立ったが直線半ばで力就きて9着だった。この日経賞で好走しなければ天皇賞・春(G1、3200メートル)は見えてこない。

 1週前追い切りでは栗東・CWで6F79秒0。騎乗した武豊騎手に「良くなったわ」と言わせた。高橋義忠調教師は「状態には自信を持って出せる」「ひと夏を超えて背が高くなり、そこからグッと実が入った。一回使って幅が出たし、完成形に近づいている」と強気の構えだ。最終追い切りは栗東・坂路で4F51秒2-1F11秒8と自己ベストタイムを出した。反撃態勢は整ったようだ。

 メイショウテッコンには金星が2つある。その1つが3歳1月の梅花賞(500万下、芝2400メートル)。鞍上の武豊騎手は先行しながら様子をうかがい、1コーナーで先頭に立つ。後に菊花賞2着となり、この日経賞では断然人気となるエタリオウの猛追をハナ差しのいで逃げ切った。

 もう1つが3歳夏のラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)。白百合S(オープン、芝1800メートル)を逃げ切りで快勝したため2番人気に支持された。1番人気は後に菊花賞馬になる2戦2勝のフィエールマン。逃げずに中団から差して優勝。追い込んできたフィエールマンは半馬身差の2着だった。

 菊花賞の1、2着馬であり、今年の天皇賞・春の有力候補を負かしたことのあるメイショウテッコンは高い素質を持っていることは明らか。菊花賞の前哨戦、神戸新聞杯(G2、芝2400メートル)では逃げ粘って、2着のエタリオウとアタマ差の3着。エタリオウに負けはしたが大きな力量差はなかった。

 しかし、負けるときはコロッと負ける。3歳春は若葉S(オープン、芝2000メートル)で6着となり皐月賞(G1)に出走できず、京都新聞杯(G2、芝2200メートル)で5着に負け日本ダービー(G1)にも出走できなかった。近2走も前述の通り菊花賞14着、日経新春杯9着。

武豊「良くなったわ」メイショウテッコンが日経賞(G2)で開花!? ライバル手薄でチャンスはあるのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!