NEW

JRA日経賞(G2)武豊メイショウテッコンは○番手!? 「復活」期す大本命馬に「勝負」情報あり

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 23日(土)、中山競馬場で開催される日経賞(G2)。芝・3200メートルの長距離戦、天皇賞・春(G1)へ続く重要なレースを「現場の声を最重視するブロディN」が挑戦。極秘ルートから仕入れた「関係者ネタ」で的中を狙う。

 今回の本命「◎」はゴーフォザサミット(牡4歳、美浦・藤沢和雄厩舎)だ。

JRA日経賞(G2)武豊メイショウテッコンは○番手!? 「復活」期す大本命馬に「勝負」情報ありの画像1

 昨年の青葉賞(G2)は好位から抜け出すと、2着のエタリオウに2馬身差をつけて勝利。だが本番の日本ダービー(G1)では7着に終わると、向かった札幌記念(G2)では古馬の壁に跳ね返され、ここも7着。そして秋の神戸新聞杯(G2)では同世代のライバルたちと戦うも8着と惨敗。そのままシーズンを終えていた。

「ダービー後、一時はベルモントダービー招待S(G1)も視野に入れていたものの、『貨物機のトラブル』で断念。この影響もあったのか、後半はチグハグさが目立ちましたね。

 昨年、いち早くシーズンを終えると、陣営は放牧に出して立て直しを図りました。今では3歳の頃と比べて力強さが増してきましたし、体重も増えているようです。中間はじっくりと乗り込み、追う毎に動きは良くなっているように見えます。最終追いでは石橋脩騎手を背に南WCコースで4F54.2秒、ラスト13.1秒を記録。石橋騎手はここがテン乗りですが、追い切りではしっかりとコンタクトが取れていたので問題ないはずです。陣営は『楽しみにしたい』と意欲を見せていましたよ」(競馬記者)

JRA日経賞(G2)武豊メイショウテッコンは○番手!? 「復活」期す大本命馬に「勝負」情報ありのページです。GJは、競馬、メイショウテッコン日経賞武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!