NEW

JRA「危険騎乗」藤井勘一郎に批判殺到。「やり得」降着なしに疑問の声も

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「危険騎乗」藤井勘一郎に批判殺到。「やり得」降着なしに疑問の声もの画像1

 31日の阪神競馬場で開催された大阪杯(G1)は、アルアインが約2年ぶりとなるG1・2勝目をあげた。騎乗した北村友一騎手は14年目でうれしいG1初制覇。多くの人々から祝福のコメントが寄せられている。

 だが、それから約40分後。北村友騎手とは違い、多くの人から批判の声を浴びせられたのが、今年からJRAで騎乗をはじめた藤井勘一郎騎手だ。

 オーストラリアや韓国など海外を拠点にしてきた藤井騎手。昨年は6度目の挑戦で騎手一次試験を突破。今年の3月から逆輸入騎手としてJRAに参戦していた。デビューするやいなや、初日からチューリップ賞(G2)にブランノワールで出走を果たすなど、多くの乗鞍を確保。これまで5勝をあげており、豊富なキャリアを武器に活躍することが期待されている。

 その藤井騎手だが、31日の12R・鳴門ステークスでフュージョンロックに騎乗。最後の直線コースで内側に斜行し、直後を走行していた和田竜二騎手のクリノフラッシュと接触。同馬は転倒し騎手は落馬。そのため、ターゲリートの進路に影響を与えた。またメイショウオルソは転倒していたクリノフラッシュに接触し、太宰啓介騎手も落馬の憂き目にあっている。

 3頭を巻き込み、うち2頭が競走を中止し、さらに2名が落馬するという事故の遠因となった藤井騎手。自身が騎乗するフュージョンロックは3着に入ったものの、レース後、4月6日(土)から4月14日(日)まで9日間の騎乗停止の処分が下されている。

 そしてレース後から藤井騎手には批判が殺到。ネット上では「危ない斜行だった」「落馬につながる進路妨害の失格と騎乗停止はもっと厳しくとってもいいんじゃないかな」「やったもん勝ちはあぶねー」などの意見が相次いでいた。

JRA「危険騎乗」藤井勘一郎に批判殺到。「やり得」降着なしに疑問の声ものページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!