NEW

ウオッカ死す「ダイワスカーレットとの激闘」「64年ぶりダービー牝馬」平成の終わりに「牝馬時代」のパイオニアが別れ

【この記事のキーワード】, ,
ウオッカ死す「ダイワスカーレットとの激闘」「64年ぶりダービー牝馬」平成の終わりに「牝馬時代」のパイオニアが別れの画像1

 JRA最多タイの7勝を挙げたウオッカ(牝15歳)が、配合のための滞在先であったイギリス・ニューマーケットにおいて、病気(蹄葉炎)のため死亡したことがわかった。

 ウオッカは父タニノギムレット、母タニノシスター、母の父ルションという血統。2006年に角居勝彦厩舎でデビューすると、同年の阪神JF(G1)を勝って2歳女王に。3歳の桜花賞では終生のライバルといえるダイワスカーレットに敗れるも、その後陣営は牡馬混合の日本ダービー(G1)を選択。あまりにも鮮やかな末脚で64年ぶり牝馬のダービー制覇を果たした。

 その後3歳牝馬路線ではダイワスカーレットの後塵を拝するも、4歳以降はヴィクトリアマイル、安田記念、天皇賞・秋、ジャパンCと、府中古馬G1を完全制覇。まさに「府中の女王」として君臨。6歳で引退後、2011年に顕彰馬にも選出された。

 昨今、世界の競馬界のトレンドでもある「牝馬時代」だが、日本におけるその始まりはウオッカだ。4歳以降は東京競馬場以外では好成績を残すことはできなかったが、その東京での走りはまさに牡馬顔負け。雄大な馬体で牝馬ということを感じさせない力強い馬だった。
 
 ベストレースはやはり日本ダービーだろうが、ファンの間で思い出深いのが2008年の天皇賞・秋だろう。ウオッカとダイワスカーレットの「牝馬頂上決戦」に、同年の日本ダービー馬ディープスカイも参戦した豪華決戦。ダイワスカーレットが高速ラップを刻んで逃げ、直線ではウオッカが外目から強襲。ダイワスカーレットも一度は垂れたが盛り返し、ほぼ同時にゴールイン。肉眼ではわからないレベルの大接戦は、ハナ差2cmでウオッカの勝利。ディープスカイは3着。ここからブエナビスタ、ジェンティルドンナ、そして現在のアーモンドアイと続いていく「牝馬の時代」を高らかに宣言したレースといえる。

ウオッカ死す「ダイワスカーレットとの激闘」「64年ぶりダービー牝馬」平成の終わりに「牝馬時代」のパイオニアが別れのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  4. JRA宝塚記念【10万馬券】予想! パンサラッサ「爆逃げ」にタイトルホルダーら阿鼻叫喚!? 「激流」だからこそ冴えわたる横山典弘の技
  5. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  6. 【帝王賞(G1)展望】テーオーケインズVSオメガパフュームVSチュウワウィザード!注目「上半期のダート頂上決戦」は実力伯仲の三つ巴!
  7. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  8. JRA宝塚記念(G1)横山武史「これでは伸びない」 エフフォーリアの力負け疑惑深まる…悩める王者がいよいよ崖っぷち
  9. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  10. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか