NEW

【JRA皐月賞 1000倍馬券のキーホースとは?】狙いは武豊、ルメールのサートゥルナーリアを脅かす極上穴馬!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【JRA皐月賞 1000倍馬券のキーホースとは?】狙いは武豊、ルメールのサートゥルナーリアを脅かす極上穴馬!の画像1
ルメールを脅かす極上の穴馬とは?

 激戦となった桜花賞が終わり、今週末の4月14日は注目のクラシックレース、第79回皐月賞が中山競馬場で行われる。その皐月賞、今年は平成最後に相応しい豪華メンバーが揃った。

 まず注目はサートゥルナーリアとアドマイヤマーズのG1馬2頭。そしてエメラルファイト(スプリングS)、クラージュゲリエ(京都2歳S)、ダノンキングリー(共同通信杯)、ニシノデイジー(東京スポーツ杯2歳S・札幌2歳S)、ファンタジスト(小倉2歳S)、メイショウテンゲン(弥生賞)、ラストドラフト(京成杯)、ランスオブプラーナ(毎日杯)の重賞ウィナー8頭が続く。さらにオープン特別勝ちのヴェロックスとサトノルークス、重賞で2着の実績があるアドマイヤジャスタ、クリノガウディー、シュヴァルツリーゼ、タガノディアマンテ、ナイママ、ブレイキングドーンと出走馬のすべてが実績馬といっても過言ではないほどだ。

 このメンバーの大将格は、3戦3勝でホープフルステークス(G1)を完勝したサートゥルナーリアだ。その3勝すべて圧巻の強さを見せており、父はアーモンドアイと同じロードカナロア。まるでディープインパクトのような勝ちっぷりで、ここも大きな注目を集めている。さらに朝日杯FS(G1)の優勝馬アドマイヤマーズ、ディープインパクト産駒の無敗馬ダノンキングリー、若葉ステークスを圧勝したヴェロックスなどもまだ底を見せていない。加えてトライアルの弥生賞とスプリングSはともに人気薄馬が勝利しており、前哨戦の評価が難しいところ。またサートゥルナーリアを筆頭に、有力馬の多くは2か月以上の休養明けとなっており、大阪杯で有馬記念以来のブラストワンピースが敗退したことからも、状態の比較もわかりにくい。はっきり言って馬券はかなり難解なレースといって異論はあるまい。

 高松宮記念は450万馬券が飛び出し、大阪杯は9番人気のアルアインが勝利して9万馬券。この春は多くのレースが波乱含みであり、とてもじゃないが一競馬ファンの素人予想でこの皐月賞を的中させるのは困難だ。ならば、プロの手腕に託して勝負するのも一興。特に先週の大阪杯でブラストワンピースやエアウィンザーを本命に馬券を購入して惨敗した競馬ファンは、同じ轍を踏まぬためにも根本的に見直すのも手である。

 そこで注目したのが、先週の大阪杯で見事9万馬券を的中させたプロ集団の「ホースメン会議」だ。アルアインの激走とブラストワンピースの凡走を見抜き、まさかの結末となった大阪杯を的中させた予想力。これは一介の競馬ファンや、人気馬ばかりに印をつけるマスコミ(スポーツ紙や競馬専門紙)では決してできない芸当。ホースメン会議はあの競馬の神様といわれた大川慶次郎氏が設立し、今年で創業38年を迎えた老舗中の老舗。昭和~平成~令和へと続く、唯一の存在である。

 このホースメン会議は日本全国を代表する最強の競馬予想の頭脳が揃っている。大川氏の唯一の弟子として知られ、競馬専門チャンネルやラジオで解説を歴任している能勢俊介。日刊スポーツの本紙予想を25年にわたって務めた堀内泰夫や、大阪スポーツ本紙歴37年の米原聡。さらに1987年にサクラスターオーで皐月賞を勝利した名騎手東信二も、ホースメン会議の一員として活動している。

【JRA皐月賞 1000倍馬券のキーホースとは?】狙いは武豊、ルメールのサートゥルナーリアを脅かす極上穴馬!の画像2
ホースメン会議の頭脳達

 彼らは前述の大阪杯に関して以下のようにコメントしているが、最後に触れた皐月賞の見解には衝撃を受けた。

大阪杯は我々だけが把握した極秘の関西馬情報が、そのまま結果に結びつきました。アルアインもキセキもワグネリアンも関西馬。1着から5着まで関西馬が独占、まさに入手していた情報と、その情報を徹底的に分析した結果です。人気のブラストワンピースには大きな不安要素があったのですが、どのマスコミもその内容は把握できず、どこも触れていませんでしたね。

 その不安要素を知らずに馬券を買っていた競馬ファンは、もったいないなと思います。参考にすべきは、マスコミの予想ではなく我々の結論でした。でも今週の皐月賞で再びビッグチャンス到来です。

 すでに出走馬関係者から『公にならない情報』を得た上で、当社予想陣が『確かな分析』を施していましたが、その予想陣は「皐月賞は1強」と断言。さらに『人気薄ながらも馬券になる確率が高い狙い馬』と『軽視すべき実績上位馬』が存在することもわかりました。特にキーホースとなるのは、武豊やルメールを脅かす極上の穴馬。これらの情報を精査した結論は、3連複10点で万馬券も狙えるレースということになりました」

 もし大阪杯でホースメン会議の予想を参考にしていれば、3連単9万3560円、3連複1万740円、馬連3680円という高配当を的中できたのだ。もっと早く知っていればという気持ちになるのは当然である。しかし今週の皐月賞でその悔しさを取り返すチャンスがやってきた。3連複で万馬券ということは、大阪杯の結果を踏まえると、3連単なら【1000倍馬券】も十分に可能だろう。

【JRA皐月賞 1000倍馬券のキーホースとは?】狙いは武豊、ルメールのサートゥルナーリアを脅かす極上穴馬!の画像3
有馬記念を的中させるなど大一番に強いホースメン会議

 ホースメン会議は暮れの有馬記念で2万馬券を的中させるなど大一番に強く、3月に入って3連単41万8530円という超高額万馬券を的中させたほか、とにかく多数の的中を記録している。その量や配当の高さはマスコミとは比較にならず、とにかく当たりに当たりまくっているのだ。その彼らが皐月賞は満場一致で

「万馬券を十分狙える」

 と語るレベルに達しているというのだから、これは絶対に見逃せない。しかも今回は運がいいことに、この

【皐月賞鉄板3連複10点勝負】

 を読者限定で無料公開するというのだ。まさに、この春最大のチャンスがやってきたといっていいだろう。しかもこの企画が不的中の際には、5月19日までの4週間、ホースメン会議予想陣が【1日1鞍の渾身予想】を無料で公開するとのこと。そこまでの決意を見せられては、参加しない手はない。ぜひこの機会を逃さず、プロが提供する至高の予想を手にしよう。

CLICK→無料公開【皐月賞 鉄板3連複10点勝負!】ホースメン会議

※この記事はPR記事です。

【JRA皐月賞 1000倍馬券のキーホースとは?】狙いは武豊、ルメールのサートゥルナーリアを脅かす極上穴馬!のページです。GJは、競馬、サートゥルナーリア武豊皐月賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!