NEW

「武豊の次に上手い?」JRA秋山真一郎が桜花賞(G1)プールヴィル「美味しすぎる重賞馬」で勝負

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
「武豊の次に上手い?」JRA秋山真一郎が桜花賞(G1)プールヴィル「美味しすぎる重賞馬」で勝負の画像1

 4月7日に行われる桜花賞(G1、芝1600メートル)には重賞勝ち馬が7頭出走する。そのうちの1頭プールヴィル(牝3歳、栗東・庄野靖志厩舎)について検討しよう。

 プールヴィルはフィリーズレビュー(G2、芝1400メートル)で待望の重賞制覇。1400メートル戦は4戦3勝2着1回。ほぼパーフェクトだ。2着だった紅梅S(オープン、芝1400メートル)でも勝ったメイショウケイメイとはアタマ差。しかも、フィリーズレビューのメイショウケイメイは5着だった。

 フィリーズレビューでは内目の中団を進んだが直線に向くと前が壁になってしまい、鞍上の秋山真一郎騎手は躊躇することなく外に持ちだした。進路が確保できてからは良く伸びた。しかし、内を割ってきたノーワンと1着同着。外に持ち出す距離ロスがあったためノーワンより強い競馬をしたとも言える。

 マイル戦は2回走って4着と5着。1400メートル戦のスペシャリストであって、マイルは距離が長いのだろうか。マイルの新馬戦でデビューして4着。スタートするとハナを奪う勢いだったが、M.デムーロ騎手が手綱を抑えると落ち着いて3番手に控えることができた。直線では終始前の馬が邪魔になりスムーズに追えなかった。

 注目すべきは阪神JF(G1、芝1600メートル)。内の4、5番手を進み、直線で真っ先に先頭に抜け出ようとするが、メイショウショウブが内に寄れてきたため追うに追えなくなってしまう。態勢を立て直して伸び始めるが時すでに遅く、大外からダノンファンタジーとクロノジェネシスが交わしていった。

 初重賞、初G1で不利がありながらの5着は悪くない成績。ただし、新馬戦も阪神JFもスムーズな競馬ができていればどうだったのかについては判断のしようはない。しかし、少なくともマイル戦を克服できる可能性はあると言えるだろう。

「武豊の次に上手い?」JRA秋山真一郎が桜花賞(G1)プールヴィル「美味しすぎる重賞馬」で勝負のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!