NEW

JRA美浦「桜花賞(G1)ルガールカルム期待値上昇」か。関係者独自情報から分析

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 7日に阪神競馬場で開催される桜花賞(G1、芝1600メートル)。この春の牝馬クラシック初戦を的中させて波に乗りたいという方も多いはずだ。

 今回は美浦から届けられた有力な情報をもとに、注目すべき3頭をピックアップしたのでご紹介したい。

JRA美浦「桜花賞(G1)ルガールカルム期待値上昇」か。関係者独自情報から分析の画像1

 父ロードカナロア、母父サンデーサイレンスの良血ルガールカルム(牝3歳、美浦・田村康仁厩舎)に熱視線が送られている。

 前走のアネモネスS(OP)は好位につけると、最後の直線で抜け出して優勝。主戦の三浦皇成騎手はレース後に「能力的に、勝って堂々と桜花賞へ行きたいと思っていた」と力強く語っていた。

「前走は好位で運び、自ら押し切る強い競馬でした。中間も変わりなくいい状態をキープしています。叩き2走目なので、本番では上積みも見込めるのではないでしょうか。馬自身も成長していますし、一戦毎に確実に良くなっていますよ」(美浦関係者X)

 状態に太鼓判を押されているルガールカルムが波乱を巻き起こす?

 ホウオウカトリーヌ(牝3歳、美浦・栗田徹厩舎)は、虎視眈々と上位をうかがう。

 フェアリーS(G3)で勝ち馬フィリアプーラにアタマ差の2着と好走。クラシックの有力候補として名をあげたものの、前走のフィリーズレビュー(G2)ではまさか10着と大敗。評価が難しい1頭だ。

「前走は道悪に苦戦。結果が出せませんでした。今週末はキレイな馬場でやれるので、力も出せるでしょうね。

 輸送負担を軽減するため、栗東に滞在。そのおかげで、6ハロンからしっかりと負荷をかけて追うことができたみたいです。スタッフは『体つきも幾分シャープになり、毛艶も良くなってきた』と話していましたよ」(競馬関係者Y)

 ホウオウカトリーヌは6番。内枠からロスのない競馬ができれば、上位進出も可能か。

JRA美浦「桜花賞(G1)ルガールカルム期待値上昇」か。関係者独自情報から分析のページです。GJは、競馬、, の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!