NEW

【東京スプリント(G3)展望】藤田菜七子「初重賞」大チャンスに武豊&デムーロが強敵!? コパノキッキング中心も好メンバー

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 そんなコパノキッキングの強敵は、連勝中のホウショウナウ(牡4歳、栗東・河内洋厩舎)が筆頭候補か。

 ここまで7戦5勝の素質馬。コパノキッキングが1200m以下で6戦6勝なら、ホウショウナウも1400m以下で5戦5勝と負けてはいない。

 特に前走のジャニュアリーS(OP)では最後の直線でライバルたちをごぼう抜き。上がり2位に0.5秒差をつける異次元の末脚で、最後は1馬身1/4差をつけて完勝している。鞍上はM.デムーロ騎手。初重賞を目指す藤田菜七子騎手にとって、大きな壁となりそうだ。

 勢いという点では、3連勝中のヒロシゲゴールド(牡4歳、栗東・北出成人厩舎)も要注意の存在だ。

 ここまで12戦4勝ながら、逃げに転じてから3連勝。ヒロシゲゴールドはコパノキッキングとは真逆の”変身”で出世を果たしている。

 OP入りを果たした前走のなにわS(1600万下)では抜群のスタートからハナを切ると、後続に影も踏ませぬ逃走劇。最後は2馬身差をつけて完勝している。鞍上は逃げの名手・武豊騎手。レースの主導権を握るのは、この馬か。

 実績ではベテランのテーオーヘリオス(牡7歳、栗東・梅田智之厩舎)が上位の存在だ。

 昨年の北海道スプリントC(G3)で、待望の重賞初制覇を飾ったテーオーヘリオス。ニシケンモノノフやスノードラゴンといった実績馬を退けての勝利だけに価値がある。もともと先行抜け出しを得意とする馬だが、ここ4走は位置取りがやや下がって4連敗。序盤のポジションが鍵を握りそうだ。鞍上は浜中俊騎手。

 他にもJRAからは前走・春風S(1600万下)を勝ち上がったアシャカダイキがエントリー。

【東京スプリント(G3)展望】藤田菜七子「初重賞」大チャンスに武豊&デムーロが強敵!? コパノキッキング中心も好メンバーのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!