NEW

JRA皐月賞(G1)「第二のアルアイン」地味目ランスオブプラーナの「逃げ」要注意! 松山弘平と「2年前の再現」へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA皐月賞(G1)「第二のアルアイン」地味目ランスオブプラーナの「逃げ」要注意! 松山弘平と「2年前の再現」への画像1

 14日に開催される皐月賞(G1)。牡馬クラシック初戦にして「平成最後のクラシック」として、大きな注目が集まる。

 人気の面では、超良血にして3戦3勝のサートゥルナーリアが抜けた人気となり、アドマイヤマーズやダノンキングリー、ヴェロックスあたりがそれを追うという形となるだろう。いずれも重賞やトライアルで実績を残してきた馬だ。

 ただ、実績上は「同レベル」なのに、どう考えてもそこまで人気しなさそうな馬が1頭。まあ”このレース”の勝ち馬が皐月賞に出れば、例年そんなイメージはあるのだが……。

「3月の毎日杯(G3)を制したランスオブプラーナ(牡3 栗東・本田優厩舎)は、おそらくそれほど人気はしないでしょうね。ここまで6戦3勝、馬券圏を外したことがない堅実派ですが、やはり地味。

父ケープブランコは愛ダービー、愛チャンピオンSを制し、アメリカでもG1を3勝した名馬ですが、2014年に日本軽種馬協会によって購買されて、これが初年度産駒。その点もランスオブプラーナの地味さ加減に拍車をかけています」(競馬ライター)

 重賞初制覇を達成した毎日杯では、絶好のスタートから1枠1番を活かし楽々ハナに立つと、1000m60.7秒のマイペースに持ち込む。直線では手応え抜群で、残り200mで抜け出し、追いすがるウーリリの追撃をクビ差振り切って優勝。松山弘平騎手の見事な手綱さばきも光ったレースだった。

 が、やはりそこまで強さを感じるかといえば、そうでもないというのが大方の感想ではないだろうか。相手関係を考えても、今回のライバルを相手に逃げ切れるのか、と。

JRA皐月賞(G1)「第二のアルアイン」地味目ランスオブプラーナの「逃げ」要注意! 松山弘平と「2年前の再現」へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!