NEW

武豊「平成最後」JRA・G1で”お祭り男”の本領発揮!? 皐月賞(G1)最強スプリンターの仔ファンタジストが「2000mで勝てる」理由

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
武豊「平成最後」JRA・G1でお祭り男の本領発揮!? 皐月賞(G1)最強スプリンターの仔ファンタジストが「2000mで勝てる」理由の画像1

 牡馬クラシックの開幕戦となる皐月賞(G1)は、古くから将来的に王道路線を歩む馬と、マイル路線に進む馬が激突する舞台でもある。

 したがって、毎年のように「距離の壁」に挑む馬がいるのだが、今年の代表格は重賞2勝を誇るファンタジスト(牡3歳、栗東・梅田智之厩舎)だろう。

 デビュー戦、そして小倉2歳S(G3)と1200mで連勝。1400mの京王杯2歳S(G2)で3連勝を飾り、1600mの朝日杯フューチュリティS(G1)で4着。キャリア初の敗北を喫した。

 これだけなら一介のスプリンターだが、ファンタジストが非凡な才能を見せたのは、さらに距離を伸ばして1800mに挑んだ前走のスプリングS(G2)だ。

 進むべきはマイル以下か、それともクラシックか。今後のキャリアを左右する分水嶺となった一戦。ファンタジストは、中団から鋭い末脚を発揮。先に抜け出したエメラルファイトを外から猛追し、最後はアタマ差まで追い詰めた。

 レース後、武豊騎手は2着に敗れたものの「上手く折り合いがついたし、やりたいレースはできた」と手応え。課題だった距離も「まったく問題なかった」と自信を示している。

「武豊騎手が距離を意識して本当に上手く乗ってくれた」と主戦を絶賛した梅田調教師も、この言葉で皐月賞挑戦を決断。今回は、さらに距離を延ばして2000mの壁に挑むこととなった。

 じょじょに距離を延ばし1800mの壁を突破したファンタジスト。スプリングSは「1枠1番」からの発走とあって、今回もネット上のファンを中心に「距離ロスのない内枠が欲しい」という声が聞かれるが、本当にその通りなのだろうか。

 レースを見た記者が「2000mも問題ない」と断言している。

武豊「平成最後」JRA・G1で”お祭り男”の本領発揮!? 皐月賞(G1)最強スプリンターの仔ファンタジストが「2000mで勝てる」理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!