NEW

武豊「平成最後」JRA・G1で”お祭り男”の本領発揮!? 皐月賞(G1)最強スプリンターの仔ファンタジストが「2000mで勝てる」理由

【この記事のキーワード】

, ,

「スプリングSは最内枠から、武豊騎手がロスのない競馬をしたことで距離が持ったという意見もありますが、枠はそこまで影響がなかったと思いますよ。

というのも、武豊騎手はスタートしてすぐ包まれるのを嫌って、ファンタジストを外に持ち出しています。勝負所の3、4コーナーでも外からまくっていますし、決して枠を活かして内々を進んだ競馬ではないですね。強い内容でしたし、あの競馬ならむしろ真ん中よりも外枠の方がスムーズに運べるのではないでしょうか」(競馬記者)

 記者曰くレース後、梅田調教師が「距離を意識して本当に上手く乗ってくれた」と武豊騎手を絶賛したのは、経済コースで距離ロスを最小限にしたことではなく、今までになく後方で折り合いをつけ「ファンタジストの新たな一面を引き出したこと」ではないかという。

 敗れはしたが、上がり3ハロンはメンバー最速。最後も決して止まっておらず、この競馬なら2000mでも問題ないというわけだ。

 父が「龍王」の異名を誇るアジア最強スプリンターのロードカナロアで、すでに1200mと1400mの重賞を勝っているファンタジスト。それだけに今年の高松宮記念(G1)で1番人気だったダノンスマッシュのように、将来はスプリント路線で活躍するイメージが浮かぶ。

 しかし、一方でロードカナロアはジャパンC(G1)をレコード勝ちしたアーモンドアイや、皐月賞で本命視されているサートゥルナーリアを輩出。血統や調教、特性によって2000m以上の距離をこなす馬もいるということだ。

武豊「平成最後」JRA・G1で”お祭り男”の本領発揮!? 皐月賞(G1)最強スプリンターの仔ファンタジストが「2000mで勝てる」理由のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!