NEW

JRAノーザン「ルメール絶対主義」顕著で藤沢和雄調教師も「逆らってはいけない」発言か

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAノーザン「ルメール絶対主義」顕著で藤沢和雄調教師も「逆らってはいけない」発言かの画像1

 7日に阪神競馬場で行われた桜花賞(G1)は、2番人気のグランアレグリア(牝3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)がレコードV。昨年、アーモンドアイが樹立したレースレコードを0秒4も更新する圧巻の走りで、オークスとの2冠への期待も大いに高まった。だが、それに水をさしたのは、他ならぬ鞍上のC.ルメール騎手だった。

 レース後、ルメール騎手はインタビューに応じ、「嬉しいです。すごく良い馬です」などと話してグランアレグリアを手放しで称賛。だが、オークス(G1)への可能性を問われると「2400メートルまでいけるかどうかわからない......難しそう(笑)。1600メートルはベスト。すごくいい馬だし、またG1を絶対に勝てる」と、その能力を称賛しつつも、距離延長に対しては懐疑的な意見を述べていた。

 2冠への夢は絶たれるものの、距離に不安があるのならば、このままマイル路線を突き進むのもひとつの手だ。しかし、今回のグランアレグリアのNHKマイル出走示唆には、ルメール騎手の事情も絡んでいるという。

JRAノーザン「ルメール絶対主義」顕著で藤沢和雄調教師も「逆らってはいけない」発言かのページです。GJは、競馬、クリストフ・ルメールノーザンファーム藤沢和雄の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!