NEW

JRA「川田将雅主義」ダノンファンタジー「オークス(G1)挑戦」の真意。ダノックスと蜜月顕著

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA「川田将雅主義」ダノンファンタジー「オークス(G1)挑戦」の真意。ダノックスと蜜月顕著の画像1

 7日に阪神競馬場で行われた桜花賞(G1)は、2番人気のグランアレグリアが他の追随を許さない走りを見せ、ライバルたちを完封。1番人気のダノンファンタジー(牝3歳、栗東・中内田充正厩舎)は4着と完敗を喫した。レース後、主戦の川田将雅騎手は「勝ち馬(グランアレグリア)が早めに動いていく形になり、追いかけざるを得なかった分、苦しくなってしまいました」と敗因を語っている。

新馬戦に続き、2度目となるグランアレグリアとの直接対決で敗れたダノンファンタジー。これまでマイルを主戦場としていたこともあり、次走にはNHKマイルC(G1)が有力視されていた。だが、10日に「スポニチ」が同馬はオークスへ向かうと報じた。記事に登場した猿橋助手は、800メートル延長する次戦について、「折り合いがカギになると思うし、そのあたりをイメージしながら調整したいと思います」と語っている。

「ダノンファンタジーは気性が前向き過ぎるため、マイルがベストだと考えられていました。しかし距離が800メートルも伸びるオークスに向かうとは……。このオークス出走は、NHKマイルCへの出走を示唆しているグランアレグリアとの3度目の対戦を回避、生産者であるノーザンファームの使い分けなど、さまざまな理由が考えられます。ですが、一番は『川田騎手がNHKマイルCだと騎乗できないこと』、ではないでしょうか。

 牡馬クラシックで川田騎手のお手馬であるダノンチェイサーは、陣営が早くから皐月賞を回避し、NHKマイルCから日本ダービーへ向かう変則2冠に挑戦することを明かしていますからね」(競馬記者)

JRA「川田将雅主義」ダノンファンタジー「オークス(G1)挑戦」の真意。ダノックスと蜜月顕著のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!