NEW

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアの「気性面」で独占情報入手。偉大な兄たちと比較しても「規格外」

【この記事のキーワード】, , ,
JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアの「気性面」で独占情報入手。偉大な兄たちと比較しても「規格外」の画像1

 14日に開催される皐月賞(G1)の枠順が確定。断然の1番人気が予想されるサートゥルナーリア(牡3 栗東・角居勝彦厩舎)は、6枠12番に入った。

 3戦3勝、2歳G1ホープフルSと合わせて一度としてムチを使ったことがない圧巻の内容。ホープフルSでは直線インコースで詰まりながらも、道が開けた瞬間に2着アドマイヤジャスタを一瞬で捉え置き去りに。そのポテンシャルは「歴史的名馬」を期待させるものだ。

 初年度からアーモンドアイを輩出したロードカナロア、母は日米オークス馬シーザリオという血統もサートゥルナーリアの凄みを際立たせている。兄にはエピファネイア、リオンディーズと競馬ファンに強いインパクトを残した2頭がいる「華麗なる一族」の傑作である。

 同舞台であるホープフルSを勝利しているだけに、最低でも皐月賞までは逆らえない……そう考える人も多いのではないだろうか。2005年ディープインパクト以来の「無敗の皐月賞馬」へ、ぶっつけ本番でも人気が落ちることはなさそうだ。

 それでも、いや、断然の人気になるからこそ「隙はないのか」と考えてしまうのが競馬ファンというものだ。

「6枠12番という枠は、その事実だけなら『絶好枠』といえるかもしれません。C.ルメール騎手も『枠は真ん中ぐらいがいい』と語っていたようですが、大体思っていた通りでしょう。これなら内に包まれることもないですし、あっさり外を回せそうですね。これまでインコースでしか競馬をしていないのは少し気になりますが、皐月賞は内枠外枠の有利不利がデータ的にないもないので、大きな問題でもないでしょう。

ただ、あえていうなら、東京開催だった2011年のオルフェーヴルを除けば、12番は過去10年で【0.0.1.9】。唯一馬券圏内に入ったのは、2013年ロゴタイプが勝った時のコディーノ3着。一応『あまり成績が良くない枠』と語ることはできます。とはいえ、過去に12番に入った馬でサートゥルナーリアほどの人気馬はいませんし、評価が低くなかったコディーノは馬券圏内ですからね……」(競馬紙ライター)

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアの「気性面」で独占情報入手。偉大な兄たちと比較しても「規格外」のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?