Business Journal  > GJ  > 競馬  > サートゥル「気性面」  > 2ページ目
NEW

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアの「気性面」で独占情報入手。偉大な兄たちと比較しても「規格外」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアの「気性面」で独占情報入手。偉大な兄たちと比較しても「規格外」の画像2

 枠としては"一応"よくないようだ。あくまでも、一応......。

 あと、あるとすれば、エピファネイア、そしてリオンディーズにとっての「弱点」だった気性面。「狂気」とも評される激しい気性は、闘争本能の強さになる一方、折り合い面での問題と表裏である。リオンディーズは皐月賞で「暴走」し途中から逃げの形になり敗退。サートゥルナーリアもまた「狂気」が皐月賞で顔を出すなんてことは......。

 これについては、サートゥルナーリアを近しく見てきた関係者からの情報が。

「歴代の名馬を管理してきた角居厩舎のスタッフも『エピファネイアやリオンディーズも制御できないくらいのエンジンを備えていましたが、この馬の搭載エンジンは規格外。それでいて兄弟ほど気性面の危うさがなく落ち着き払っているし、順調にいけば歴史に名前を残す馬になると思います。距離とか場所とかそういう次元の馬ではない』とのこと。エンジンは兄たち以上、その上兄たちと違って気性も安定......これではお手上げです(笑)」

 まさに「神が産みし完全無欠の馬」なのだろうか......。「東京スポーツ」が角居勝彦調教師にインタビューをしている動画があるが、後ろの馬房に佇むサートゥルナーリアは落ち着き払い、微動だにしていなかった。確かに落ち着いている......。

もうあとは「競馬に絶対はない」という格言を頭に入れるくらいしかなさそうだ。

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアの「気性面」で独占情報入手。偉大な兄たちと比較しても「規格外」のページです。GJは、競馬、JRAサートゥルナーリア気性皐月賞の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!