NEW

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアは〇番手! 有力「現場ネタ」から「穴馬券」を狙い撃ち!!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週「現場情報至上主義・ジェームスT」が挑むのは、14日に開催される牡馬クラシック第一戦の皐月賞(G1)だ。関係者より仕入れた「有力ネタ」から「小点数」勝負を決行したい。

 本命◎に選んだのは、朝日杯FS(G1)を制覇したアドマイヤマーズ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)だ。

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアは〇番手! 有力「現場ネタ」から「穴馬券」を狙い撃ち!!の画像1

 無傷の4連勝で2歳王者となった本馬。その朝日杯FSでは、力強い走りで断然人気のグランアレグリアを撃破している。後続に2馬身の差を付ける圧勝だった。

 前走の共同通信杯(G3)は惜しくも敗れたが「勝ち馬(ダノンキングリー)向きの流れになっただけ」と陣営に悲観している様子はない。3着に4馬身の差を付けているように、その力が世代トップクラスであることは間違いないだろう。当然の主役候補だ。

「距離を不安視する声もあるけど、父ダイワメジャーも皐月賞を快勝している。問題なく克服できるだろう。陣営も『この馬のレースをするだけ』と自信を覗かせているよ。

希望していた最内枠をゲットできたのも大きいね。陣営の士気は更に上がっているよ。『併せる形になればまず負けない』『近年スピード色の強いマイラーが勝っているのも後押し』と勝ち気マンマン。親子制覇なるかに注目だね」(競馬関係者)

「〇」には弥生賞(G2)を優勝したメイショウテンゲン(牡3歳、栗東・ 池添兼雄厩舎)を指名した。

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアは〇番手! 有力「現場ネタ」から「穴馬券」を狙い撃ち!!の画像2

 弥生賞で重賞初制覇を達成。8番人気という低評価を覆す激走だった。道悪での勝利という点を気にする声もあるが、豪快に差し切った走りは地力の高さを感じさせるもの。ココでも上位陣を脅かす可能性は十分にある。

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリアは〇番手! 有力「現場ネタ」から「穴馬券」を狙い撃ち!!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!