NEW

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリア状態は? 栗東関係者が語る「おすすめ馬」に注目

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 今週末に開催される第79回皐月賞(G1・芝2000メートル)。「平成最後のクラシック」を前にファンのボルテージも上がる一方だ。今回はその1戦を前に、栗東から届けられた注目馬4頭の情報をお届けしよう。

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリア状態は? 栗東関係者が語る「おすすめ馬」に注目の画像1

 まずは、サートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)だ。

 3戦3勝、2歳G1ホープフルSと合わせて一度としてムチを使ったことがなく、まだまだ能力の底をみせた感すらない。ホープフルSでは最後の直線で他馬から包まれてしまったものの、前が開けた瞬間に飛び出し、栄冠を掴んだ。

「多方面から”化け物”と評価されているサートゥルナーリア。さらにホープフルSから皐月賞への直行というローテも含めて、注目度はライバルたちとは段違いですね。

 ただ同馬は歩様のぎこちなさを見せたり、半兄であるエピファネイア、リオンディーズ同様に気性の激しい一面が顔をのぞかせたりすることもあるんですよ。これだけの才能をつぶすわけにはいきませんから、スタッフたちは薄氷を踏む思いで慎重に調整を行っているようです。関係者は『周囲が考えるほど調整は楽ではない』とこぼしていましたね」(栗東関係者・A)

 名門の角居厩舎でも”異例の存在”となっているようだ。携わるスタッフたちは気が休まらない日々を過ごしていたようだが、この中間から担当者が超腕利きにチェンジ。抜かりなくケアを行うことができたという。大舞台の経験もあるため、平常心を失わなければ結果は自ずとついてくるはずだ。

 現在、リーディングトップの川田将雅騎手は「未知の大器」ヴェロックス(牡3歳、栗東・中内田充正厩舎)と牡馬クラシック初戦に挑む。

 昨年は東京スポーツ杯2歳S(G3)に挑戦するも、勝ち馬ニシノデイジーとはタイム差ナシの4着に終わった。だが、今年に入って若駒S(OP)では評判馬サトノウィザードを破り、若葉S(OP)でも良血ワールドプレミアに3馬身差をつけて快勝。その才能がついに花開こうとしている。

「稽古では川田騎手が感触を確かめるように騎乗していました。動きに弾力性があり、終わってから川田騎手は”デキの良さ”を強調していましたね。

 中山競馬場は初めてですが、競馬が上手なタイプなので心配はいらないと思います。スタッフは『仕掛けてからの鈍さも改善している。力を出し切れれば差はない』と話していましたよ」(栗東関係者・B)

 若駒S&若葉Sを連勝したヴェロックスは、本番でどんな活躍を見せてくれるのだろうか?

JRA皐月賞(G1)サートゥルナーリア状態は? 栗東関係者が語る「おすすめ馬」に注目のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!