NEW

【マイラーズC(G2)展望】JRA「マイル最強戦」ダノンプレミアムVSインディチャンプがいきなり実現!

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【マイラーズC(G2)展望】JRA「マイル最強戦」ダノンプレミアムVSインディチャンプがいきなり実現!の画像1

 4月21日、春のマイル王決定戦、安田記念(G1、芝1600メートル)の重要な前哨戦マイラーズC(G2、芝1600メートル)が行われる。マイル王候補の1番手に名乗りを上げるのはどの馬か。レースを展望する。

 断然の本命に支持されそうなのがダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)。新馬戦(芝1800メートル)から弥生賞(G2、芝2000メートル)まで朝日杯FS(G1、芝1600メートル)も含め4戦4勝。皐月賞(G1、芝2000メートル)は確勝級と見られていたが挫跖で回避。万全の調整過程ではなかった日本ダービー(G1、芝2400メートル)は6着だった。

 その後休養、金鯱賞(G2、芝2000メートル)で復帰、文句なしの圧勝だった。必勝パターンの先行策から抜け出す完勝劇。大阪杯(G1、芝2000メートル)で2つ目のG1獲りに挑むと思われたが、陣営は春の目標を安田記念に設定。

 マイルの絶対王者モーリスの引退後、国内マイルG1戦線はいずれも勝ち馬が異なる混戦模様だった。ダノンプレミアムにはモーリスを継ぐマイル絶対王者の期待がかかる。暮れの香港マイル(G1、芝1600メートル)で世界のマイル王ビューティージェネレーションとの対決を想像したくなる大器だ。

 マイル界の超新星がインディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)。東京新聞杯(G3、芝1600メートル)では出遅れながら内々をスイスイと上がり、直線半ばすぎで先頭に立ち押し切った。勝ちタイムは1分31秒9と優秀。福永祐一騎手は「G1でも活躍してくれる。期待できる」と力強いコメントを残した。

 3歳春は素質を高く評価されながら毎日杯(G3、芝1800メートル)は3着、アーリントンC(G3、芝1600メートル)は4着と重賞を勝ち切れなかった。しかし、じっくり立て直されて夏から冬にかけて1000万下と1600万下のマイル戦を連勝、明け4歳初戦の東京新聞杯でたくましく成長した姿を見せてくれた。

 本番安田記念の前にダノンプレミアムと対決することになった。抜け出すと遊んでしまうという課題はあるが、ここはダノンプレミアムを目標にできるので心配はない。堂々と同世代のライバルに挑む。

【マイラーズC(G2)展望】JRA「マイル最強戦」ダノンプレミアムVSインディチャンプがいきなり実現!のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!