NEW

JRA【皐月賞(G1)結果】サートゥルナーリアあわや「降着」も辛勝!? レース後「審議」もディープインパクト以来14年ぶり無敗で一冠

【この記事のキーワード】, , ,
JRA【皐月賞(G1)結果】サートゥルナーリアあわや「降着」も辛勝!? レース後「審議」もディープインパクト以来14年ぶり無敗で一冠の画像1

 14日に中山競馬場で行われた皐月賞(G1)は、1番人気のサートゥルナーリア(牡3歳、栗東・角居勝彦厩舎)が優勝。ゴール前の大接戦を制し、ディープインパクト以来14年ぶりに無傷の皐月賞制覇を飾った。

 これもまた「天命」か、はたまた天運か。

 超満員の中山競馬場で行われた皐月賞。各馬大きな出遅れもなく揃ったスタートから、まずは毎日杯(G3)を勝ったランスオブプラーナがハナに立った。好スタートを決めたサートゥルナーリアは無理せず中団外目から。2番人気のアドマイヤマーズも、ハナに立つことを嫌って好位からの競馬を選択している。

 1000m通過は59.1秒。ランスオブプラーナが早々に脱落し、2番手にいたダディーズマインドが先頭で最後の直線に入ったが、それを交わして勢い良く先頭に飛び出したのが、川田将雅騎手とヴェロックスだった。

 残り200mを切り、粘り込みを図るヴェロックス。それに一歩一歩詰め寄るサートゥルナーリア。内からはじっと脚を溜めていたダノンキングリーが2頭に迫る。最後は3頭の追い比べとなったが、サートゥルナーリアがダノンキングリーとヴェロックスとの叩き合いを制して、まずは一冠を制した。

「直線は覚えていますが、少し内にもたれてヒヤッとしました」

JRA【皐月賞(G1)結果】サートゥルナーリアあわや「降着」も辛勝!? レース後「審議」もディープインパクト以来14年ぶり無敗で一冠のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?