NEW

JRAダノンプレミアムは「何故」マイラーズC(G2)なのか?「マイルでは負けない」陣営が下した決断と、その証明へ

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAダノンプレミアムは「何故」マイラーズC(G2)なのか?「マイルでは負けない」陣営が下した決断と、その証明への画像1


 今週は、春の連続G1開催も一休み。

 しかし、21日に京都競馬場で開催されるマイラーズC(G2)は「G1並み」の盛り上がりを見せそうだ。中でも異例の注目を集めているのが、約1年半ぶりのマイル挑戦となるダノンプレミアム(牡4歳、栗東・中内田充正厩舎)である。

 現在の日本最強は、昨年の年度代表馬アーモンドアイで間違いないところだが、唯一「逆転まで」と期待されているのがダノンプレミアムだ。

 牝馬三冠を達成し、ジャパンC(G1)を世界レコードで制したアーモンドアイに対して、ダノンプレミアムは朝日杯フューチュリティS(G1)を勝っただけ。G1・1勝馬の評価がここまで高騰することは異例だが、前走の金鯱賞(G2)で見せたパフォーマンスは、まさに「無限の可能性」を感じさせるものだった。

 後に大阪杯を勝つアルアイン、マイル王のペルシアンナイト、エリザベス女王(G1)を勝ったリスグラシューとモズカッチャン、さらには4連勝中と充実著しいエアウィンザーなどが集った豪華な一戦。

 大阪杯(G1)を始め、春競馬の行方を占う重要な一戦となったが、ダノンプレミアムは最後の直線であっさり抜け出すと、そのまま他馬を寄せ付けずに押し切ってしまった。それも本馬は、昨年の日本ダービー(G1)以来の長期休み明けだったのだ。

 この時点で4月の大阪杯の大本命に挙がったが、ダノンプレミアム陣営が選択したのは意外にも今週のマイラーズC。中距離ではなくマイル路線を選択し、安田記念(G1)が春の大目標となった。

 だが、この決断は競馬ファンを中心に大きな議論を呼んでいる。

JRAダノンプレミアムは「何故」マイラーズC(G2)なのか?「マイルでは負けない」陣営が下した決断と、その証明へのページです。GJは、競馬、JRAダノンプレミアムマイラーズCの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!