NEW

JRAマイラーズC(G2)「ダノンプレミアム以上」調教スペシャリストが太鼓判!? 「急上昇」インディチャンプに自信コメント続々!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAマイラーズC(G2)「ダノンプレミアム以上」調教スペシャリストが太鼓判!? 「急上昇」インディチャンプに自信コメント続々!の画像1
インディチャンプ JBISサーチより

 21日に京都競馬場で行われる今年のマイラーズC(G2)は、金鯱賞(G2)で復活勝利を飾ったダノンプレミアムが俄然注目されているが、ここにきて「急上昇」しているのがインディチャンプ(牡4歳、栗東・音無秀孝厩舎)だ。

 前走の東京新聞杯(G3)で初重賞を飾ったインディチャンプ。着差こそ2着レッドオルガに半馬身差だったが、それには理由があるようだ。

「抜け出すとソラを使う癖があり、東京新聞杯では早めに抜け出し過ぎて、最後詰め寄られたようです。主戦の福永祐一騎手も、その点は当然把握していましたが、抜け出す脚があまりにもケタ違いだったために、ああいった形(早め先頭)になったとのこと。

福永騎手も『この相手でも思ったより早く先頭に立ってしまい、やはり遊んでいました』と課題を挙げれば、陣営も『ユーイチも(ケタ違いの手応えに)ビックリしたんじゃないか』と振り返っていました。

ただ逆にいえば、それだけインディチャンプの力が抜けていたということ。福永騎手も『G1で期待していた馬ですが、その期待が確信に変わるレースでした』と、いつになく強気なコメントでしたね」(競馬記者)

 当時、すでに「G1級」の期待がかけられていたインディチャンプ。だが、マイラーズCに向けた最終追い切りで、さらにもう一段「階段」を上ったようだ。

「1段階レベルアップした動き。以前とはトモの入り方も違う。前進気勢が増して、うなる感じ」

 栗東の坂路で行われた最終追い切り後、福永騎手はさらに自信を深めたようだ。併せ馬を4馬身置き去りにしたド派手な内容だったが、むしろ「やり過ぎないように注意した」とのことだから、この馬の充実ぶりがうかがえる。

 そんなインディチャンプの動きに「ダノンプレミアムとの逆転」をぶち上げたのが、あの有名「調教スペシャリスト」だ。

JRAマイラーズC(G2)「ダノンプレミアム以上」調教スペシャリストが太鼓判!? 「急上昇」インディチャンプに自信コメント続々!のページです。GJは、競馬、JRAインディチャンプダノンプレミアムマイラーズCの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!