NEW

JRAマイラーズC(G2)確信の「三連単2点」! 有力「現場ネタ」が導く「危険な人気馬」とは

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

 21日(日)には京都競馬場でマイラーズC(G2)が開催される。安田記念(G1)の前哨戦ということで、注目しているファンは多いだろう。

 そんな重要な1戦に「現場情報至上主義・ジェームスT」が、入手した「有力関係者ネタ」で挑む。導き出した3頭で「三連単2点」勝負を決行したいと思う。

「アノ人気馬は不要!?」「頭はアノ馬しか考えられない」確信を持って決定した勝負馬を紹介させて頂きたい。

 本命「◎」に選んだのは、金鯱賞(G2)で圧巻のパフォーマンスを見せたダノンプレミアム(牡4、栗東・中内田充正厩舎)だ。

JRAマイラーズC(G2)確信の「三連単2点」! 有力「現場ネタ」が導く「危険な人気馬」とはの画像1

 3戦無敗で2歳王者に君臨。朝日杯FS (G1)は、3馬身半差を付ける圧勝だった。続く弥生賞(G2)でも、ワグネリアンなど世代トップを全く寄せ付けずに危なげなく勝利。「怪物」と呼ぶに相応しい走りは、春のクラシック戦線での活躍を期待させるものだったが......。

 皐月賞(G1)は挫跖(ざせき)のため出走回避。万全の調整過程ではなかった日本ダービー(G1)は6着と人気を裏切る結果になってしまった。

 有力視されながらも無冠に終わってしまったわけだが、やはりダノンプレミアムは怪物だった。前走の金鯱賞で華麗に復帰。長期休養明けのブランクを物ともせず、豪華メンバーを完封している。

「G1馬が5頭も出走していたなかでの完勝。改めて『器が違う』と感じたね。前走は爪の不安などで半信半疑な面もあったようだけど、今回は状態面に全く不安はなさそうだ。『中間は反動もない』『順調に来れて良かった』と陣営のトーンは高い。

久々のマイル戦になるけど『問題ない。むしろ競馬がしやすい』ときっぱり。一線級のマイラーが揃ったけど『ここも突破して欲しい』と自信満々だ。躍動感のあるフットワークなど、仕上がりを見て早くも白旗を上げている陣営もいるみたい。ココは問答無用の1着固定でいいだろう」(競馬関係者)

JRAマイラーズC(G2)確信の「三連単2点」! 有力「現場ネタ」が導く「危険な人気馬」とはのページです。GJは、競馬、JRAダノンプレミアムマイラーズCの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!