NEW

JRAマイラーズC(G2)「見限り早い」ケイアイノーテックにまだ期待。芝のマイル戦で復活か

【この記事のキーワード】

,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRAマイラーズC(G2)「見限り早い」ケイアイノーテックにまだ期待。芝のマイル戦で復活かの画像1
競馬つらつら」より

 21日に行われるマイラーズC(G2、芝1600メートル)に昨年のNHKマイルC(G1、芝1600メートル)制覇後、不振が続いているケイアイノーテック(牡4歳、栗東・平田修厩舎)が出走する。復活のきっかけをつかめるのだろうか。

 3歳時にG1レースを優勝したものの、それ以降まったく結果を出せなかった馬も少なくない。たとえば一昨年の桜花賞(G1、芝1600メートル)を勝ったレーヌミノル。桜花賞後、一度も連に絡むことができず今年2月に引退した。

 一方、G1レース制覇後、長い不振に陥りながらも、やがてG1レースや重賞で活躍してくる馬もいる。たとえば2015年の桜花賞馬レッツゴードンキ。桜花賞後、1年以上不振だったが、2016年、北海道のスプリント重賞で連続して3着に好走、復調気配を見せた。秋には初ダートのマイル戦JBCレディスクラシック(Jpn1)で2着となり、翌2017年の京都牝馬S(G3、芝1400メートル)で2つ目の重賞制覇を達成。その後、スプリントG1の高松宮記念とスプリンターズSで3度の2着がある。

 昨年のNHKマイルCから約1年が経った今、ケイアイノーテックはレッツゴードンキのような復活を模索している。NHKマイルC以降のレースを振り返ってみよう。

 毎日王冠(G2)では初の1800メートル戦に挑戦。結果は0.4秒差の5着。NHKマイルCで人馬ともにG1初制覇を達成した藤岡佑介騎手は「うまくスタートのタイミングが合って流れに乗れた。あそこからひと伸びできなかったが、まだ良くなる余地はある」と分析。休み明け初戦で古馬強豪陣との初対戦。悲観する内容ではなかった。

 マイルCS(G1、芝1600メートル)は11着と着順こそ悪いがタイム差は0秒5。それほど負けてはいない。佑介騎手は「馬場も流れも先行有利で、前の位置を取りにいきましたが、あそこまでが精いっぱい」とコメント。とはいえ、ラスト伸びなかったのは大外18番から好位を取るために脚を使ってしまったと見ることもできる。

JRAマイラーズC(G2)「見限り早い」ケイアイノーテックにまだ期待。芝のマイル戦で復活かのページです。GJは、競馬、JRAケイアイノーテックの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!