NEW

パチンコ「ギャンブル依存対策」の大きなメリット。爆裂ATで「終日連チャンなし」ボロ負けという過去......【超パチスロ星人の本音コラム】

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ「ギャンブル依存対策」の大きなメリット。爆裂ATで「終日連チャンなし」ボロ負けという過去......【超パチスロ星人の本音コラム】の画像1


 三度の飯よりパチスロ、パチスロを愛するヘビーユーザー・北斗轟が業界をアツく語る本音コラム。今回は、議会で話題の「ギャンブル依存対策」を取り上げたいと思います。

 先日の閣議で「ギャンブル依存対策」の基本計画が決定しました。その内容は、家族からの申告でパチンコ店への「入店制限」や、顔認証システムを活用した競馬場への「入場制限」。また、政府は競馬場内やパチンコ店内の"ATM撤去"も求めているとのことです。

 すでにパチンコ業界では、ギャンブル依存対策を"名目"に出玉規制が実施されており、射幸性は著しく低下しました。パチンコの大当りは最大1500発、パチスロは「一撃2400枚」で強制終了と、極めて厳しい内容となっています。

 そのため、規則改正から店舗数は軒並み減り続けており、ある調査で大台の「1万店」を割ったことが明らかになりました。当然、それに比例してユーザー数も減少傾向にあります。なにか緩和でもなければ、今後もさらに減り続けることでしょう。

 その上で、今回決定した"基本計画"の内容を改めて見てみましょう。

 パチンコ店への主な対策は「入店制限」と「ATMの撤去」ですが、どちらもパチンコ店を苦しめるシビアな対策。特に「入店制限」は出玉規制に匹敵するレベルの厳しさといえます。

 その背景にはパチンコユーザーの"客層"が大きく関係しており、とあるアンケートによれば「一日に使う平均投資金額」は増加傾向にあるとか。

 遊技人口が減っているのに、投資金額が増えている......? まさに"逆転現象"が起きているのですが、これは要するに「ヘビーユーザー」が業界を支えていることになります。

パチンコ「ギャンブル依存対策」の大きなメリット。爆裂ATで「終日連チャンなし」ボロ負けという過去......【超パチスロ星人の本音コラム】のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、ギャンブル依存パチスロパチンコの最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!