NEW

【天皇賞・春(G1)展望】JRA平成最後のG1! 最強の1勝馬エタリオウがフィエールマンにリベンジを果たす?

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【天皇賞・春(G1)展望】JRA平成最後のG1! 最強の1勝馬エタリオウがフィエールマンにリベンジを果たす?の画像1

 4月28日、天皇賞・春(G1、3200メートル)が開催される。G1馬は1頭と寂しいが、昨年の菊花賞(G1、芝3000メートル)に出走した4歳の精鋭5頭が出走、平成最後の熱戦が期待できる。レースを展望しよう。

 最強の1勝馬エタリオウ(牡4歳、栗東・友道康夫厩舎)が2勝目と同時のG1初制覇に挑む。菊花賞では早目に先頭に立ち、後ろから伸びてきたフィエールマン(牡4歳、美浦・手塚貴久厩舎)との叩き合いに持ち込んだが、フィエールマンにハナ差先着されての2着だった。

 天皇賞・春のステップレースとして3月の日経賞(G2、芝2500メートル)を選択。1番人気に支持された。逃げたのはメイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)。鞍上M.デムーロ騎手のエタリオウは3角でメイショウテッコンに並びかけるが交わすことはできず、またしても2着。10戦して7度目の2着だった。

 昨年、友道康夫調教師はエタリオウが勝ち切れない理由を「集中力が長く続かない」ことに求めていた。その癖が解消されているかどうかは別として、日経賞の敗北は余裕残しの仕上げにあったろう。最終追い切りでは動きが幾分もたついていた。今回は正念場。万全の仕上がりで出てくるはず。汚名を返上して最強馬の称号を獲得したい。

 今年の桜花賞(G1)と皐月賞(G1)は暮れのG1レース以来の実戦となった馬が優勝した。フィエールマンも異例のローテーションで菊花賞を優勝している。夏のラジオNIKKEI賞(G3、芝1800メートル)2着からの直行だった。しかも、4戦目での菊花賞制覇は史上初だった。

【天皇賞・春(G1)展望】JRA平成最後のG1! 最強の1勝馬エタリオウがフィエールマンにリベンジを果たす?の画像2

 今年は1月のAJCC(G2、芝2200メートル)で始動。しかし、1年1カ月振りのレースだったシャケトラに負けてしまう。ただし、陣営は中間に軽い熱発があったことを敗因に挙げている。まだ5戦しかしていないので未知の部分が多いが、どんな馬に成長するのか楽しみも大きい。古馬長距離王の座を目指す。

【天皇賞・春(G1)展望】JRA平成最後のG1! 最強の1勝馬エタリオウがフィエールマンにリベンジを果たす?のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!