NEW

【青葉賞(G2)展望】JRA「日本ダービー重要前哨戦」に素質馬集結! 令和最初の大舞台「切符」を手にするのは

【この記事のキーワード】, ,
【青葉賞(G2)展望】JRA「日本ダービー重要前哨戦」に素質馬集結! 令和最初の大舞台「切符」を手にするのはの画像1

 日本ダービー(G1、芝2400メートル)が迫ってきた。27日、ダービートライアル青葉賞(G2、芝2400メートル)が行われる。日本ダービーで好走できる馬がいるのだろうか。レースを展望する。

 歴史的名牝エアグルーヴの孫がランフォザローゼス(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)。デビュー前から日本ダービー候補に挙げられていた素質馬だ。10月の新馬戦(芝2000メートル)を快勝すると、12月の葉牡丹賞(500万下、芝2000メートル)で連勝を狙ったがシークレットランのレコード駆けに屈して2着。今年1月の京成杯(G3、芝2000メートル)では1戦1勝のラストドラフトに敗れて2着だった。

 美浦の名門藤沢和雄厩舎らしく皐月賞(G1、芝2000メートル)には見向きをせず、満を持して青葉賞から日本ダービーを目指す。葉牡丹賞と京成杯では伏兵に大駆けされて勝負弱さを露呈してしまったが、2着を確保した底力は侮れない。良血馬だけに京成杯後の成長も著しいはず。1週前追い切りは美浦・南Wで4F54秒3-1F12秒5。力強い走りを見せていた。ここを勝って日本ダービーに堂々と乗り込みたい。

 2016年の日本ダービー馬マカヒキの全弟がウーリリ(牡3歳、栗東・友道康夫厩舎)。11月の新馬戦(1800メートル)を優勝、2戦目として今年3月の毎日杯を選択。強気の重賞挑戦だったが、逃げ切ったランスオブプラーナにゴール前で際どく迫っての2着。期待したい良血馬。3戦目で重賞を勝つ資格は十分にある。日本ダービーでの走りをぜひ見たい1頭だ。

【青葉賞(G2)展望】JRA「日本ダービー重要前哨戦」に素質馬集結! 令和最初の大舞台「切符」を手にするのはの画像2

 サトノラディウス(牡3歳、美浦・国枝栄厩舎)も将来性の高い良血馬。葉牡丹賞ではランフォザローゼスとクビ差の3着。梅花賞(500万下、芝2400メートル)を勝って弥生賞(G2、芝2000メートル)に駒を進めたが重馬場に泣いて6着だった。梅花賞で2400メートルを勝っているように距離実績は文句なし。日本ダービーに出走するためには最低限2着を確保しなければならない。

 2戦2勝と不気味な存在がピースワンパラディ(牡3歳、美浦・大竹正博厩舎)。1月の新馬戦(芝1600メートル)は8枠15番、中団からレースを進めて優勝。3月のフローラルウォーク賞(500万下、芝1600メートル)は1枠1番も出遅れ、最後方から上がり3F最速33秒0の末脚で差し切った。北海道サマーセールで約750万円で落札された馬だが、父はジャングルポケット、4代母は旧エリザベス女王杯(G1、芝2400メートル)を勝ったタレンティドガール。時代遅れかもしれないが血統的な魅力もある。750万円の馬が大牧場が生産した良血馬を打ち負かすのも競馬の醍醐味だ。

【青葉賞(G2)展望】JRA「日本ダービー重要前哨戦」に素質馬集結! 令和最初の大舞台「切符」を手にするのはのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  2. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  3. 宝塚記念(G1)元JRA藤田伸二氏、田原成貴氏が揃って「大失敗」を指摘!? エフフォーリア陣営の迷走、元騎手だからこそ「疑問視」した違和感
  4. JRA宝塚記念(G1)横山典弘「息子愛」でタイトルホルダー救った!? 好アシストに陣営からも感謝の声、横山和生が「最大のピンチ」を脱した裏側
  5. JRA M.デムーロ「僕の中で一番強い」タイトルホルダーが受け継ぐ最強馬のバトン…キタサンブラックが一度も勝てなかったドゥラメンテ、「夢の続き」は父から子へ
  6. JRAエピファネイア産駒の「早熟説」はどこまで本当なのか!? キズナとの比較に明白な違い…エフフォーリア、デアリングタクトに「反証」の期待
  7. JRA凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに「想定外」の大誤算!? 現役最強に名乗り、タイトルホルダーにあって「惨敗組」になかったものとは
  8. JRA帝王賞(G1)武豊「もちろんシンガリでした」の苦い記憶、誰もが逃げると確信したレースで「致命的」ミス…夢のタッグは競馬どころじゃなかった!?
  9. JRA武豊や岡部幸雄を超えた福永祐一の「大記録」に黄信号!? 騎乗停止や落馬負傷はもはや許されない、名手を襲う過去最大級のピンチ
  10. JRA横山武史の「おさがり」から天敵に格上げ、タイトルホルダーが暴露したエフフォーリアの弱点…ライバル2頭が激突する秋の舞台は?