NEW

パチンコ平成「涙のプレミア」演出! 忘れられない「迷勝負」を振り返る

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチンコ平成「涙のプレミア」演出! 忘れられない「迷勝負」を振り返るの画像1

 平成の忘れられない「迷勝負」を振り返る特別企画パチンコでも「何とも言えぬ感情を抱かざるを得なかった瞬間」がある。

 本来ならガッツポーズの瞬間が切ない気持ちに……悔やまれる選択に、涙した実戦をご紹介したい。

悔やまれる〇〇。初の「プレミア演出」発動も……

 パチンコの中で、最も打っていたのは『海物語』シリーズ(SANYO)だろう。

 その中でも最も好きだったのは『新海物語』だ。確変確率1/2というノーマルな台だが、本機の爆発力は本当にすさまじかった印象がある。謎の連チャンを達成することが多々あった。

 現在でも『海』は大好きだが、本シリーズに対し「悔やんでも悔やみきれない」エピソードが存在する。

 相手は2005年に発売された『CR大海物語』。「これまでの海」と「新しい海」がコラボした1台だ。

 本作には、演出の異なる3つのステージが搭載された。プレイスタイルの幅が広がった仕上がりは、大反響を得ることに成功したのである。

 私も新たに搭載されたステージを選択して打ちまくっていた。特に好きだったのは、発展すればする程アツくなるステップアップ予告を初搭載した「トレジャー」ステージだ。

『海』の醍醐味として「予測不可能な魚群の出現」をあげることができる。しかし「トレジャー」は、少し違う魅力を提案してくれた。クラゲまでステップアップした時の「魚群まで行け!」という感覚は非常に熱くなれる。これまでとは違う楽しみを与えてくれたと言えるが……。

 そんな「トレジャー」ステージを選択していた為に、悲しい出来事を経験してしまうことになる。

 あれは他の台を打ち散らかして、財布が空になる手前まで負けていた日。残り僅かな資金を『CR大海物語』に託したのだった。

パチンコ平成「涙のプレミア」演出! 忘れられない「迷勝負」を振り返るのページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!