NEW

「武豊→福永祐一」テン乗り不安は? 天皇賞・春(G1)メイショウテッコンは騎手の腕次第か

【この記事のキーワード】, , ,
「武豊→福永祐一」テン乗り不安は? 天皇賞・春(G1)メイショウテッコンは騎手の腕次第かの画像1

 28日、平成最後のG1レース天皇賞・春(芝3200メートル)が開催される。日経賞(G2、芝2500メートル)でエタリオウを完封したメイショウテッコン(牡4歳、栗東・高橋義忠厩舎)は本番でも好走できるのだろうか。

 鞍上武豊騎手のメイショウテッコンが日経賞でエタリオウを寄せ付けずに逃げ切ったとき、”天皇賞・春は武豊のテッコンで決まり!”と思った人も少なくないだろう。武豊騎手と言えば”平成の盾男”。平成元年、イナリワンで天皇賞・春を初制覇した武豊騎手が平成最後の天皇賞・春を締め括る--実にふさわしい。

 ところが日経賞後、武豊騎手は天皇賞・春でメイショウテッコンに騎乗しないことが明らかになった。同日香港で行われるクイーンエリザベス2世C(G1、芝2000メートル)でディアドラに騎乗するからだ。しかも、かつてのお手馬リスグラシュー(O.マーフィー騎手)と対決することになる。

 平成の競馬を武豊騎手と共に戦ってきたオールドファンにとっては寂しい限りだが、”世界の武豊”にとって、これも現実的選択のひとつ。

 メイショウテッコンの鞍上は福永祐一騎手に決まった。天皇賞・春は長距離レースとあって騎手が継続騎乗である馬が結果を出すことが多い。今回、福永騎手は初めてメイショウテッコンに跨る”テン乗り”。若干の不安も感じられる。

 とはいえ、外国人騎手が大挙してやってくる近年の日本競馬において乗り替わりは日常茶飯事、テン乗りで結果を出している。いわゆるデータ予想では、レースによっては”テン乗り不安説”が語られることもある。しかし、いずれはデータ予想からテン乗り不安説は消えていくのではないだろうか。

「武豊→福永祐一」テン乗り不安は? 天皇賞・春(G1)メイショウテッコンは騎手の腕次第かのページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

11:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA【宝塚記念(G1)予想】タイトルホルダー×エフフォーリアは両方消し! G1馬なのに人気がない「アノ馬」を狙い撃ちで高配当いただき!
  2. JRA武豊が「最低人気」で見せた意地 女性騎手に名伯楽が辛口ジャッジ!? アノ名騎手に批判殺到? 松山弘平「斜行」であわや……【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  3. JRA 宝塚記念(G1)「2番手で…」あの陣営から不気味なコメント…タイトルホルダーを悩ませる“くせ者”の存在
  4. JRAクラシックを嘱望されたグランアレグリア全弟の悲しすぎる結末……宝塚記念(G1)ウィークの新馬戦、「阪神」ではなく「東京」で思い出す生涯一度きりの晴れ舞台
  5. JRA宝塚記念(G1)エフフォーリア「完全復活は厳しい」と予告…デアリングタクト「生みの親」が語ったエピファネイア産駒2頭の決定的な違い
  6. 宝塚記念(G1)元JRA細江純子さん「凄く良く見せたのは、共同通信杯」エフフォーリアにまさかのジャッジ!? 「1番目か2番目」武豊アリーヴォ絶賛も、疑惑深まる年度代表馬の早熟説
  7. JRA宝塚記念(G1)川田将雅「騎乗馬なし」の誤算!? リーディング独走の上半期立役者も見学なら「あの記録」もストップか
  8. JRA宝塚記念(G1)武豊キタサンブラックが沈んだ罠にエフフォーリアも、タイトルホルダーも!? 昨年「単勝215.3倍」の下剋上は何故起きた?
  9. JRA宝塚記念(G1)逃げ「当確」パンサラッサが激流を演出…タイトルホルダーも苦戦濃厚、混戦必至の展開で「漁夫の利」を得られるタイプは?
  10. JRA「今年はヤバい」池添謙一、横山武史らもビビった!? 宝塚記念(G1)でトップジョッキーが不在…2週続いた騎乗停止処分に恐怖の声