NEW

【香港】武豊ディアドラ「ベスト条件」をルメール&モレイラが証言!「良いチャンス」を裏付ける世界的名手の「言葉」と香港の「天候」

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
【香港】武豊ディアドラ「ベスト条件」をルメール&モレイラが証言!「良いチャンス」を裏付ける世界的名手の「言葉」と香港の「天候」の画像1


 平成最後のG1勝利を海外で締めくくるか。

 28日に京都競馬場で天皇賞・春(G1)が行われるが、競馬界の"パイオニア"武豊騎手は平成最後も「らしい」選択。香港のシャティン競馬場で開催されるクイーンエリザベス2世C(G1)でディアドラ(牝5歳、栗東・橋田満厩舎)に騎乗する。

 平成31年間の競馬界は、まさに武豊の時代だった。平成6年にスキーパラダイスで挑んだムーラン・ド・ロンシャン賞(仏G1)で初の海外G1制覇を飾ると、その4年後の平成10年にシーキングザパールでモーリス・ド・ゲスト賞(仏G1)を制し、日本調教馬で初の海外G1制覇を達成。

 それから、さらに7勝を積み上げた武豊。平成最後の騎乗では節目の海外G1・10勝目が懸かる。

 騎乗するディアドラは2017年の秋華賞馬。武豊騎手とは初コンビとなる。昨年の香港C(G1)で2着と、香港実績も十分。乗り方1つでチャンスが大きなあるはずだ。

 しかし、前評判は決して高くない。何故ならディアドラは、今年に入って中山記念(G2)を6着、ドバイターフ(G1)を4着と連敗中。府中牝馬S(G2)、クイーンS(G3)と2つの重賞勝ちがある"得意距離"で完敗しているだけに「全盛期は終わった」という声もあるほどだ。

 ただ、これらの敗戦は、2人の世界的名手から武豊騎手に「貴重な情報」をもたらしたようだ。

【香港】武豊ディアドラ「ベスト条件」をルメール&モレイラが証言!「良いチャンス」を裏付ける世界的名手の「言葉」と香港の「天候」のページです。GJは、競馬、ディアドラモレイラルメール武豊の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!