NEW

JRA青葉賞(G2)「ドゥラメンテ系血統」ランフォザローゼスは成長途上が気になる?

【この記事のキーワード】, ,
JRA青葉賞(G2)「藤沢お家芸」ランフォザローゼスも成長途上が気になる?の画像1

 27日、日本ダービー(G1、芝2400メートル)に出走できる2頭が選出される青葉賞(G2、芝2400メートル)が行われる。最有力候補であるランフォザローゼス(牡3歳、美浦・藤沢和雄厩舎)について検討する。

 4戦目で皐月賞(G1、芝2000メートル)を制し、日本ダービーに臨むのがサートゥルナーリア。3戦1勝のランフォザローゼスは4戦目の青葉賞でダービー切符を手に入れなければならない。デビュー前から日本ダービー候補に数えられていた2頭だが、今では両者のポジションは大きく異なってしまった。ランフォザローゼスのこれまでの3戦を振り返ってみよう。

 10月、府中の新馬戦(芝2000メートル)は2番人気だった。1番人気はサトノダイヤモンドの全弟サトノジェネシス。2番手を追走して、インから伸びて勝ち切った。レース後、騎乗していたC.ルメール騎手は「最後もまだ力が残っていました。乗りやすくてスタミナもあるので、長い距離でも問題ない」とコメントしている。

 2戦目が12月、中山の葉牡丹賞(500万下、芝2000メートル)。3角からまくったシークレットランが2歳レコードで優勝した。ランフォザローゼスは直線でシークレットランに内に押し込められるシーンがあったが、しぶとく伸びて2着は確保。走破タイムも従来レコードを上回った。

 3戦目が今年1月、中山の京成杯(G3、芝2000メートル)。1番人気は葉牡丹賞を勝ったシークレットランで、ランフォザローゼスは2番人気だった。ところが優勝したのは1戦1勝で重賞に挑戦してきたラストドラフト。2番手から4角で先頭に立って押し切った。ランフォザローゼスはラストドラフトの直後にいたが、直線でつかまえるどころか1馬身1/4突き放されての2着だった。

 葉牡丹賞と京成杯を見る限り、先行策から強い競馬はできるが、直線ではジワジワとしか伸びず詰めが甘い印象だ。これまでの3戦はすべて2000メートル。京成杯に騎乗していたO.マーフィー騎手は「これからどんどん強くなるし、すぐに重賞を勝てそうだけど、本領発揮は2400メートル以上」とコメント。新馬戦ではルメール騎手も「長い距離でも問題ない」と語っていた。

JRA青葉賞(G2)「ドゥラメンテ系血統」ランフォザローゼスは成長途上が気になる?のページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking

5:30更新
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA 武豊「繰り返された愚行」、単勝115.9倍の皐月賞(G1)勝利に呆然…トウカイテイオー「最後の希望」、独走する今村聖奈の秘密【『GJ的』7大ニュース】後半戦
  2. JRA「23年で1番良い馬」オグリキャップになれなかった日本ダービー(G1)1番人気。「上手く乗れなかった」強過ぎたからこそ動けなかったM.デムーロの慢心と後悔
  3. JRA宝塚記念(G1)元騎手が「大失敗」を指摘! 凱旋門賞(G1)武豊ドウデュースに大誤算!?  福永祐一の「大記録」に黄信号 【週末GJ人気記事ぶった斬り!】
  4. JRA武豊ドウデュースら「本当の敵」は凱旋門賞離れ!? タイトルホルダー馬主が掲げた「狂騒曲」の終止符が賛同される理由
  5. JRA【CBC賞(G3)予想】今村聖奈テイエムスパーダ&アネゴハダの3歳牝馬は用なし!データから買える穴馬指名で、荒れ続きのハンデ重賞を制する!
  6. JRA今村聖奈「先約破棄」でテイエムスパーダ騎乗の謎……CBC賞(G3)重賞初騎乗Vチャンス到来も、自厩舎馬からまさかの乗りかえ
  7. JRA 武豊で3年間「未勝利馬」が一変、藤田菜七子「G1制覇」のチャンスも…今春G1“主役”の結果は【2022年上半期『GJ的』7大ニュース】前半戦
  8. JRA【ラジオNIKKEI賞(G3)予想】サトノヘリオスは危険な人気馬!実績重視で人気薄の穴馬本命で好配当をいただき!
  9. JRA C.ルメール、D.レーン「不在」の穴を埋めるのは!? 社台グループが期待する6人の「推し」騎手
  10. JRA「どう見ても格が違う。武豊さまに任せました」西山茂行オーナーの“いじり”は愛と配慮あってこそ!? あのベテラン騎手の発奮に期待!