NEW

天皇賞・春(G1)「大波乱」ロードヴァンドールの”神逃げ”再び!? ヴォージュ逃げ宣言も「天才」横山典弘が主導権を握れる理由

「いつも通り、馬の”リズム”よく」

 青葉賞のレース後、横山典騎手の第一声は15年前と何も変わっていない。馬のリズムを崩さないよう走らせることが出来れば、イングランディーレやリオンリオンのように「乾坤一擲の逃げ」が打てるということなのだろう。

「3000mでも平気だよ。それは先生に去年から言っていたんだ。もともとは去年の天皇賞から使いたいと思ってた」

 前々走まで中距離を中心に使われていたロードヴァンドールだったが、横山典騎手は昨年の段階から「長丁場への適性」を高く評価していたという。それを証明して見せたのが、3着に粘った前走の阪神大賞典だった。

「これで天皇賞へ行けると思ったね。3200mを試すには、ちょうどいいと思う」

 長距離戦は騎手の腕の見せ所。思い返せばイングランディーレを筆頭に、ナリタブライアンの復活を阻止したサクラローレル、2年連続で惨敗していたゴールドシップによる快勝劇……横山典騎手による春の盾制覇は、どれも衝撃的だった。

 平成最後のG1に天才が奏でる”口笛”が響き渡るか。

天皇賞・春(G1)「大波乱」ロードヴァンドールの”神逃げ”再び!? ヴォージュ逃げ宣言も「天才」横山典弘が主導権を握れる理由のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!