NEW

JRA天皇賞・春(G1)直前でサインを「傍受」!? 令和前最後の大勝負に空気階段・鈴木もぐら自信満々!

【この記事のキーワード】

, , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
JRA天皇賞・春(G1)サインを「傍受」!? 令和前最後の大勝負に空気階段・鈴木もぐら自信満々!の画像1このキリっとしたお顔を見よ!

 28日の天皇賞・春(G1)は平成最後の一戦。GJレギュラーであり、最近ブレイクの兆しがグイグイの空気階段・鈴木もぐらさんにも「令和」前に一度お話を聞かねばと思い、インタビューを敢行。独自見解の天皇賞・春予想をうかがった。

●●●

――「令和」までもうわずかですが、新元号にはどんなイメージですか?

鈴木もぐら(以下もぐら):そうですねえ、「聡明さ」とか「静かな美しさ」を感じる言葉ですよね。個人的には「俺の財布の中身も”れい(0)わ”」というか、ギャンブルへの負けも想起させるといいますか……。

――ザッツ個人の感想ありがとうございます。今週は天皇賞・春ですね。平成最後ということで盛り上がっていますけど

もぐら:今年はフィエールマンとエタリオウが人気の中心ですよね。エタリオウは昨年の日本ダービー、GJさんのインタビューで「ゴリ押し」しましたけど(結果は4着)、出世したなあ。

――見る目がおありということですね。では、今回もエタリオウ?

もぐら:やはり天皇賞といえば、2005年の天皇賞・秋のヘヴンリーロマンスが印象的!松永幹夫ジョッキーで14番人気勝利、しかも「天覧競馬」で、勝利後にお辞儀をしたシーンは平成の超名シーンですね。

――(なぜ秋の話?)

もぐら:あの天皇賞を考えると、平成の集大成といえる「14番人気」は外せないですね!今回のキーワードは「14番人気」! 天皇賞というくくりで見れば秋と春はあくまで「()」内の話ですし、リンクしますよ!

――あの、すみません、今回13頭立てなんですけど(25日時点)。

もぐら:あ……。

JRA天皇賞・春(G1)サインを「傍受」!? 令和前最後の大勝負に空気階段・鈴木もぐら自信満々!の画像2あ…って顔

サイン「傍受」しました

――ど、どうします?このままでは企画倒れに……。

JRA天皇賞・春(G1)直前でサインを「傍受」!? 令和前最後の大勝負に空気階段・鈴木もぐら自信満々!のページです。GJは、競馬、, , , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!