NEW

JRAアーモンドアイ安田記念参戦も? 世界最強ビューティージェネレーション来日濃厚に

JRAアーモンドアイ安田記念参戦も? 世界最強ビューティージェネレーション来日濃厚にの画像1

 28日、香港のシャティン競馬場で行われたチャンピオンズマイル(G1、芝1600メートル)は、ビューティージェネレーション(セン6歳、香港・J.ムーア厩舎)が勝利。戦前、同馬の陣営は6月2日に開催予定の安田記念(G1、芝1600メートル)へ予備登録を行なっていたが、この結果を受け、俄然出走が現実味を帯び始めた。

 昨年のチャンピオンズマイルを快勝すると、その後も香港マイル(G1)で日本から参戦したヴィブロス、ペルシアンナイトらを相手に勝利を収めるなど連戦連勝。9連勝がかかっていた今年のチャンピオンズマイルも、早々にハナを奪うと楽な手応えで直線を迎え、2着に1馬身半差をつけて逃げ切り勝ち。現地オッズで単勝1.0倍の圧倒的支持に見事に応えていた。

 レース後、主戦のZ.パートン騎手は自身のTwitterで『チームミーティングを行った』と報告。そして『安田記念へ向かうオッズが著しく下がった』と独特の言い回しで安田記念参戦を匂わせた。

「ビューティージェネレーションが安田記念に向かうか否かは、チャンピオンズマイルの結果次第だとされていました。そしてその今後を左右する一番で余力を残しての勝利。安田記念参戦への準備は、ほぼ整ったと見てもいいでしょう。大きなトラブルがなければ、6月に香港最強マイラーが来日するのではないでしょうか?」(競馬誌ライター)

 今年の安田記念には重賞5勝のダノンプレミアムをはじめ、ペルシアンナイト、モズアスコット、さらにマイラーズC(G2)2着のグァンチャーレ、同4着のインディチャンプらが参戦する予定となっている。

JRAアーモンドアイ安田記念参戦も? 世界最強ビューティージェネレーション来日濃厚にのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. 元JRA藤田伸二氏「さすがユタカさん。空気を読める人」、チャンピオンズC(G1)ソダシにハナ譲った? 4着武豊インティに「ハナ行ってたら、楽に2着はあったかも」
  2. JRA C.ルメール「大楽勝ムード」から“油断騎乗”で痛恨の2着!? 「普通に乗ってれば勝ってたんじゃ……」単勝1.8倍もコントレイル馬主にアピールならず
  3. JRA「謎の暴走」→「落馬」に疑問の声続々!? 10歳馬が20馬身以上の大逃げも、最後は力尽きるように……鞍上には今年未勝利騎手
  4. JRAソダシ「甘やかし」の絶好展開も12着轟沈……チャンピオンズC(G1)「敗因」はダート適性にあらず!? 歴史的「豹変」を知る元名ジョッキーが突きつけた“現実”とは
  5. JRA【チャンピオンズC(G1)予想】白毛の姫ソダシは自信の切り! 実績がありながら人気していない穴馬を狙い撃ちで高配当を狙う!
  6. 【香港マイル(G1)展望】「19戦18勝」香港が誇る怪物ゴールデンシックスティに日本馬4頭が挑戦! ダノンキングリー川田将雅は「三度目の正直」なるか
  7. JRA 「何も手が打てませんでした」福永祐一“無策”騎乗で「幻の秋華賞馬」がまさかの惨敗!? まだまだ遠い偉大なる母への道のり
  8. JRA川田将雅「強引タックル」も大本命馬で痛恨ミス!? 上がり最速33秒3の“取りこぼし”にファンからも不満の声が続出!?
  9. JRAソーヴァリアント圧勝で、有馬記念(G1)「あの曲者」が急浮上!? エフフォーリア、タイトルホルダーの影に隠れた「第3の刺客」とは
  10. JRA【阪神JF(G1)展望】武豊×幸四郎「兄弟タッグ」でG1初挑戦、「3戦3勝」ウォーターナビレラを止めるのはM.デムーロかC.ルメールか!?