NEW

パチスロ6号機で「9万台超ヒット作」が”再臨”!? シリーズ最新作は「全く別物」の可能性も?

【この記事のキーワード】

, ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
パチスロ6号機で「9万台超ヒット作」が再臨!? シリーズ最新作は「全く別物」の可能性も?の画像1

 人気パチンコメーカー・京楽産業.からリリースされた、ミドルタイプ初となる新規則パチンコ『新鬼武者 超・蒼剣』。登場から半年ほど経過した今なお、安定した稼働を見せている。

 大当り確率1/319の確変ループタイプで継続率は60%とやや弱めだが、期待値約1500発の「SUPER小当りRUSH」が人気を後押した印象だ。この性能の高さは「旧規則機以上」との声も多い。

 そもそも、ゲームとしての知名度もさることながら、パチンコ・スロットで馴染み深い人気コンテンツという点も人気の理由の一つとして考えられる。

 特にパチスロにおいては、4号機時代から知名度が高く、5号機で登場した『新鬼武者』は爆発的人気を博した。累計販売台数は約9万台以上を記録するなど、5号機史に残るヒット作といえるだろう。

 パチンコ・スロット両分野で数々の功績を残してきた『鬼武者』シリーズ。しかし、現在、設置機種のほとんどがパチンコ機という状況だ。そのため、「いつパチスロ最新作が登場するのか?」と期待に胸を踊らされるファンも多いはずだが……。

 業界関係者の間では『鬼武者』に関する有力情報が浮上中。待望の最新作が「6号機でリリースされる」と話題だ。

「どうやら6号機で開発が”進行中”のようで、ATタイプで登場するのでは?と言われています。

『鬼武者×AT』といえば、これまで2作品が導入されましたよね。その中でも、特に注目を浴びたのが『新鬼武者 再臨』で、前作のゲーム性を踏襲しながらも、”4桁乗せ”も有り得る強力な上乗せ特化ゾーンが大きな話題となりました。それだけに、6号機ではどのようなスペックになるのか非常に気になります」(記者)

パチスロ6号機で「9万台超ヒット作」が”再臨”!? シリーズ最新作は「全く別物」の可能性も?のページです。GJは、パチンコ・パチスロ、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

関連記事