NEW

元JRA安藤勝己氏「令和」でオグリキャップ心情吐露。平成の伝説を経て新時代へ

【この記事のキーワード】, ,

「安藤さんは後年、インタビューなどでJRAでのオグリキャップの活躍に対して、『あまり気にならない』などと話すことも多かったようです。当時、地方競馬とJRAには、今以上の大きな壁が立ちふさがっていて、笠松競馬場の騎手であった安藤さんがJRAのG1などで騎乗することは事実上不可能でしたからね。無念ではあったものの、それを表に出すことはしなかったのでは?

 その安藤さんのオグリキャップへの本音がこぼれ出たのは、2010年に同馬が急死したときだったように思います。当時『日刊スポーツ』にオグリキャップが移籍後も『ジョッキーだけでも継続騎乗できないか』とJRAに申し入れたと明かし、また同馬のJRAでの活躍を『そりゃ、悔しかった。でも規則だから仕方がない』と話していました」(競馬記者)

 その後、1995年にはさまざまな制度が改革され、地方在籍でもJRAの重賞にチャレンジできるようになった。このふたつが歩み寄りを見せた理由のひとつに、『オグリキャップが地方在籍というだけでJRAのクラシックに参戦できないのはおかしい』と考えたファンの声もあったといわれている。

 オグリキャップでのJRA重賞制覇は夢に終わった安藤氏だが、交流元年といわれる1995年にライデンリーダーでJRAの桜花賞、さらにオークスに挑戦。その後も、地方競馬の騎手ながらJRAの重賞に果敢に参戦し、2003年についにJRAに移籍を果たした。

 安藤氏は移籍後すぐに、ビリーヴで高松宮記念(G1)を制覇し、その後もキングカメハメハで日本ダービー、ダイワメジャーで天皇賞・秋、さらにブエナビスタでオークスを優勝するなどG1競走で22勝。JRAで通算1111勝をあげた。

 地方とJRAの垣根を超えて活躍したオグリキャップと安藤氏。このコンビがなければ、今の競馬界はなかったのかもしれない。令和の時代にも、このようなコンビが誕生してもらいたいものだ。

元JRA安藤勝己氏「令和」でオグリキャップ心情吐露。平成の伝説を経て新時代へのページです。GJは、競馬、, , の最新ニュースをファンにいち早くお届けします。ギャンブルの本質に切り込むならGJへ!

Ranking
  • 競馬
  • 総合
  1. JRA「私の技術不足」謙虚過ぎる敗因分析に賛辞の声止まらず、コントレイル優勝ジャパンC(G1)の裏で若手有望株のコメントをファンが圧倒的支持
  2. JRA「57億円の損失」コントレイルは本当に“期待ハズレ”だったのか。「英雄」ディープインパクトらとの比較と、ジャパンC(G1)売上から見る無敗三冠馬の「現在地」
  3. JRA 4月まで未勝利馬が「20馬身」6連勝!? 中央「失格」烙印押された馬がC.ルメール“大絶賛”の馬にモデルチェンジした裏事情
  4. JRA 武豊「いつかは重賞を獲れる」も期待馬をまさかのポイ捨て!?フラれた相手は新恋人C.ルメールと逆襲に戦々恐々
  5. JRAコントレイル「言いがかり」ついた大団円!? 福永祐一も涙したラストランに“アンチ”が生まれた違和感の正体
  6. 元JRA藤田伸二氏「さすがにないわ」ジャパンC(G1)後輩騎手の“奇策”に苦言、コントレイル消して狙った本命は健闘も……。
  7. JRA有名評論家「二度と発信しません」カレンブーケドール引退でひと悶着!? ファンの疑問に応えた大人の対応とは
  8. JRA 横山典弘「27年」続いた記録がストップの大ピンチ!? 頼れる「助っ人」が親子対決で父の威厳を援護射撃
  9. ジャパンC(G1)「JRAやってるなこれ」コントレイルにただならぬ疑惑!? 送別会ムード濃厚にファンは疑心暗鬼
  10. 横山典弘騎手が若手騎手に「あの乗り方はやめろ」岩田康誠騎手らが実践する「お尻トントン」は、競走馬の負担になるだけ?